昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

カトパン新恋人に政治家たちを“接待させた”政界フィクサーの正体

「萩生田大臣ですか? 姿を見ましたよ。彼はライブが中盤を過ぎた頃にVIPルームに姿を見せ、終盤までいた。手拍子などもせず、席に座って落ち着いて観覧していました」(同席した1人)

◆ ◆ ◆

VIPルームに駆けつけたのは......

 こんな目撃情報があったのは、萩生田光一文科大臣(56)である。意外なことに、その姿は9月23日に東京ドームで催された「三代目 J SOUL BROTHERS」(以下、JSB)のライブにあった。

補助金問題を抱える萩生田氏

「萩生田氏に加え、三原じゅん子氏の他、他党の国会議員や都議会議員ら10人ほどが一緒に過ごしていました。ライブのチケット代については招待した団体が支払うので必要ないと説明されました」(同前)

 VIPルームはバックネット裏のスタンド上部にあり、ボックスシートと応接室が一体になった造り。参加者はシートと応接室を行き来しながら、飲み物を手にライブを楽しんだという。

「萩生田さんは無所属の笠浩史議員と親しそうに話をしていた。三原さんは事務所の所長を務める夫と一緒に来ていて、熱心にあいさつをして回っていた」(同席した議員)

 ライブ後、VIPルームに駆けつけたのが、「週刊文春」が加藤綾子との交際を報じたJSBリーダーのNAOTOだった。

NAOTO(左)と加藤綾子

「彼を筆頭に主要メンバーは、議員ら一人ひとりと記念撮影に応じていました。その傍らには、JSBが所属するLDH創業者のHIROの姿がありました」(同前)