昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

雅子さま「適応障害」の現在地点 皇室外交では訪日要人を「ひとりの人間」として“おもてなし”

2019/10/25

 令和元年、雅子さまが皇后になられた。 10月22日には、新天皇の即位を国内外に宣言する「即位礼正殿の儀」が行われた。 精神科医の香山リカさんは、いま雅子さまが適応障害を克服されつつあるのではないか、と分析する。 ※「週刊文春」2019年8月15・22日号より転載

 皇后陛下の診断名として発表されている「適応障害」とは、ある特定のできごとや状況が本人にとって強いストレス因となり、それによってうつ症状やからだの変調などが引き起こされる疾患だ。その治療のためには「ストレス因の除去」と「本人の適応力の強化」が必要になる。

2002年12月、記者会見での雅子さま 宮内庁提供

 では、皇后陛下の場合、何がそれほどのストレス因となったのか。上皇上皇后両陛下などからのプレッシャーなのか、それとも公務の忙しさなのか。それは違うと思う。推測にしかすぎないが、私は最大のストレスは「努力とそれへの評価がリンクしないこと」や「合理的な説明が行われないこと」だったのではないかと考える。受験競争を勝ち抜き、外交官として働いてきた皇后陛下にとっては、激務やまわりからの期待は慣れっこだ。「努力しなさい」と言われればいくらでもできる。それが、皇室入りしてからは、公務の前に専門家顔負けのレベルまで予習をしても、それが評価されることはなく、お召し物やご懐妊の兆候などにばかり注目が集まる。また、祭祀や皇室の慣習の多くは前例主義であり、そこも欧米育ちで、すべてに合理性を求め知的に理解してきた皇后陛下にとっては、「なぜ?」と疑問の連続であっただろう。

1993年6月9日、結婚パレード ©JMPA

 つらい日々もあったはずだが、天皇陛下の揺らぐことないサポートもあり、皇后陛下は持ち前の努力家の要素を捨てることなく、自分のペースで療養や興味ある分野の勉強などを続けることができた。