昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「法的措置も検討」と週刊文春に抗議文が届いたので……「日経記者、トヨタ派遣」の問題点をさらに取材した

 10月7日、日本経済新聞社の広報室長から「週刊文春」に抗議文が届いた。

 日経は10月から、経済部のN次長をトヨタ自動車人事部に派遣している。週刊文春9月26日号はこの件を取り上げ、「中立性や公平性が保てるのかと危機感を覚える記者は多い」と指摘した。日経はこれが「当社の社会的評価を著しく毀損」すると主張。「二度とこのような記事が出ないよう厳重に抗議」し、訂正記事の掲載などを強く要請した上「対応次第では、今後、法的措置」を検討するとおっしゃる。大変な剣幕である。

4年前に就任した日本経済新聞社・岡田直敏社長(66) ©共同通信社

 そこで訂正記事の必要があるか否か、さらに取材した。日経社員Aが語る。

「特に企業報道部員たちは今回の派遣に呆れています。そもそもトヨタを担当していたエースが対象会社に入り込み、『秘密保持契約を結んでいるから問題ない』など通用しないでしょう。彼が日経に戻ってきた時に、批判記事を書けるのか」

 日経社員Bが語る。

「トヨタからの広告出稿を増やす狙いもあるのではと勘繰る向きもありますが、他のスポンサーからすると面白くない。ある営業担当社員は『トヨタさんばかり肩入れするんですね』と嫌味を言われたそうです」

 日経社員Cが語る。

「N氏が豊田章男社長に食い込んでいるのは有名。実際豊田社長は最近、『N君が来てくれるんだよ』と相好を崩していたとも聞く。そんなN氏の派遣に疑問を持つのは記者なら当然です」