昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

創立105周年アンケート! 宝塚歌劇団で「推せるジェンヌ」「推せないジェンヌ」

抽選で10名様に商品券5000円分をプレゼント

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能

 “清く正しく美しく”をモットーに華麗な舞台を繰り広げる宝塚歌劇団。花・月・雪・星・宙の5組と専科からなる総勢約400名のタカラジェンヌで構成され、今年で105周年を迎えました。

 舞台で常に主役を務め、各組を引っ張るのが男役と娘役それぞれで抜擢される“トップ”です。過去には天海祐希や真矢ミキ、大地真央ら有名女優も、在団中にトップスターを務めました。トップスターに次いで2番手、3番手……とタカラジェンヌには序列がつけられ、配役はそれに応じて割り当てられます。

 この組内序列を巡る“スター人事”はすべて劇団が決定しています。しかしファンの間からは「もっとファンの意向を反映してほしい」という声も上がっています。

月組トップスター・珠城りょう。「歌劇」2019年5月号
宙組トップスター・真風涼帆。「歌劇」2019年9月号
雪組トップスター・望海風斗。「歌劇」2019年1月号

「宝塚ファンが、自分が推す“贔屓”をトップにするには、ひたすら公演に通い、公式のフォトブックやカレンダーなどを買い、雨が降ろうが雪が降ろうが楽屋の入り出待ちをするファンの“ガード”に参加するなどして、劇団に愛を伝え続けるほかありません。それでも贔屓のタカラジェンヌがいい役をもらえないことも多い。ファンとしてはヤキモキしてしまいます」(宝塚歌劇団古参ファン)

 10月13日には高い人気を博した星組トップスター・紅ゆずるが退団し、新トップスターに礼真琴が就任。また11月24日に退団を控える明日海りお率いる花組の次期トップには柚香光が抜擢されるなど、現在、組内序列を巡る争いは熾烈を極めているといいます。

現星組トップスター・礼真琴。「歌劇」2019年8月号
次期花組トップスター・柚香光。「歌劇」2019年6月号

 

 そこで週刊文春デジタルでは、ファンの想いを宝塚歌劇団に届けるべく、ファンが本当に「推せるジェンヌ」、推すにはもう少し頑張ってほしい「推せないジェンヌ」アンケートを募集します。「推せる」「推せない」それぞれ3名を、ベスト3、ワースト3の順位をつけて教えてください。あわせて「その理由」も教えてください(1位=5点、2位=3点、3位=1点として集計します)。

 応募の締め切りは2019年11月29日(金)18時。みなさんの宝塚への熱い想いをぜひぶつけてください!

応募〆切:2019年11月29日(金)18時

投票する

応募にはメールマガジンの登録が必要となります。
※編集上の都合により、締切り日を変更する場合があります。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
応募要項
  • 当選者にはメールでご連絡します。告知から7日以内にお届け先情報の登録がない場合、登録されたお届け先が不正確であった場合は、当選を無効とさせていただきます。なお、お届け先は国内に限らせていただきます。
  • 回答は各アンケート、ひとり1回に限らせていただきます。
  • 投稿いただいた内容の他、あらかじめ登録いただいた年齢をあわせて掲載する場合があります。
  • 個人を特定する情報については、当社のプライバシーポリシーに従って厳格に管理します。あらかじめご本人の許可を得た場合および法令に基づく場合を除き、個人が特定できる情報を外部に提供することはありません。
  • 回答いただいた内容は、誌面の都合上一部のみを使用したり、誤字脱字の修正、その他掲載に必要と思われる最小限の範囲において編集を行なう場合があります。
  • 回答いただいた内容の著作権は、文藝春秋に帰属するものとします。誌面のほか、新聞広告、交通広告等にも掲載される可能性があります。
  • 誌面掲載にあたっては、事前にお知らせしたり、内容を確認いただくことは出来ません。