昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能

 実は大和は先月、高橋との子供を出産したばかりだ。小誌が入手した写真では、2人は子供を授かって幸せそうに見えるのだが、すでに関係は壊れかけていたという。話は昨年の逮捕までさかのぼる。

新しい命を授かった2人だが…… ©文藝春秋

「逮捕後、祐也は沖縄県の更生施設で療養しつつ、裁判や元妻との離婚の関係もあって頻繁に東京に戻っていた。その間に出来たのが、今度生まれた赤ちゃんです。とはいえ、大和は祐也にゾッコンというわけでもなく、妊娠が発覚するまでアイドル仲間とギャラ飲みをしたり、会員制のクラブで働いていたりした。一方で、祐也は何も知らずに大和と籍を入れる気満々で、自身の執行猶予判決の後も、更生のために沖縄にとどまり、治療プログラムを受けていました」(同前)
 
 高橋は今年2月21日、ツイッターで大和との結婚を宣言している。

《流れ流れて、前科三犯前歴一犯の依存症のデブのハゲた金もない施設にいる糖尿病おやじと里菜さん。一週間後正式に結婚することになりますが。直ぐ離婚しないでね。色々頑張るからさ。よく考えたら彼女気合い入ってる。笑笑 どうした?なにを間違えた?》

高橋容疑者のツイッター

 

最後まで大和は入籍を拒否していた

 前出の友人が続ける。

「今年の夏前、祐也は沖縄の施設から東京に戻り、2人は実家そばのマンションを借りました。ですが、祐也が経営していたバーは赤字で生活もままならず、結局、頼りにしたのは三田家からの小遣いでした。

 しかし、『母親が甘やかしてきたからだ』という世間からのバッシングに疲れたのか、さすがに三田さんも今回はお金を出すのを躊躇していて、1日1万円弱くらいしか出していない。それでは贅沢三昧の2人には足りなかったわけです。祐也は相変わらず酒癖も悪く、大和は身重で妹の家によく避難していたりした。

 結局、最後まで大和は籍を入れるのを拒みました。周囲には『セレブは結婚しなくていい』と強がっていましたが、内心不安だったようで、子供が産まれると実家の仙台に帰ってしまいました」

療養していた頃の高橋容疑者 ©文藝春秋