昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《慶應アメフト》泥酔暴行逮捕の電通幹部もOBだった! 部員わいせつ行為撮影や窃盗事件も【流出写真入手】

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 社会, スポーツ

 慶應アメフト部員による“女性用露天風呂盗撮問題”。10月15日、同大アメフト部が公式ウェブサイトで、「著しく不適切な行為」があったとして無期限の活動自粛を発表した。

 そしてその2日前、横浜の日産スタジアムで行われたラグビー・ワールドカップの日本vs.スコットランド戦後、電通の前新聞局長・吉野純容疑者(51)が警備員のアルバイトをしていた男子学生(21)の顔を殴ったとして暴行容疑で現行犯逮捕され、15日に釈放された。実はこの吉野前局長も同大アメフト部出身だ。

連続して起きた部活関係者の不祥事

「吉野前局長は卒業する1991年まで慶應アメフト部に所属し、卒業後に電通に入社した。暴行した当日は酒に酔っていて、ラグビー観戦後に誘導用のゲート柵に体当たりしていたところを警備員の男性に注意され、逆ギレして男性の顔を殴ったそうです」(社会部記者)

 期せずして同時期に報じられた慶應アメフト部出身者らによる不祥事。「週刊文春デジタル」がアメフト部関係者に取材を進めると、慶應アメフト部には“悪しき体質”が蔓延していることがわかった。

部員の集合写真(2019年4月8日「慶應義塾体育会アメフト部UNICORNS」Twitterより)

2人の男性部員が女性1人とわいせつ行為撮影

 慶應アメフト部OBが内情を告発する。

「私が在部していたのは2~3年前ですが、当時は卒業生を送り出す会などのイベントで酒に酔って屋外で全裸になったり、居酒屋の壁を壊したりしていました。部員200人が路上で騒いでいて通報されるということも頻繁にありました。でも部員はみんな足が早いですから。警察が駆け付ける前に走って逃げて捕まらなかった。

 2017年には部内でわいせつ写真騒動もありました。部員数名がナンパした女の子たちとホテルでわいせつ写真を撮ったんです。後日、全く関係のない部員が悪ふざけでその写真をSNSに載せて問題になった。写真はすぐに削除されましたが、掲載した部員は自主退部しました。ホテルで撮影した部員たちにも処分はありませんでしたが、のちに自主退部した部員もいます。しかしこの問題も内々に処理され、公になることはありませんでした」

ホテルのベッドの上で女性1人が男子部員2人に挟まれて座っている。手元にはバイブレーターが。3人とも裸に白いバスローブを着用しているが、女性は酩酊状態なのか視線が定まらず、前がはだけて胸部が見えている
バスルームでの全裸姿の男女3人。男性部員1人と女性はくっつくように並んでバスタブに入り、もう1人の男性部員はバスタオルで前を隠しつつ立っている。告発したOBによれば、「掲載後、SNSの運営会社側で不適切と判断され、削除されました」