昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

孫正義とインドの黒船OYOがレオパレス買収に触手

2019/10/31

 違法建築問題で揺れるレオパレス21。調査が進むにつれ施工不備物件は増え、9月末で施工した全棟の3分の2にあたる2万6299棟に。だが、改修済み物件は900棟に留まる。

 株式市場では複数のアクティビスト(物言う株主)の思惑が錯綜する物色銘柄となっている。英投資ファンドのオデイ・アセット・マネジメントなどが株の4割近くを握るのだ。

「彼らの狙いはレオパレス買収に伴う株価の急騰。最有力の買い手はOYOです」(大手証券幹部)

 OYO(オヨ・ホテルズ・アンド・ホームズ)は、当時19歳のリテシュ・アガルワル氏が2013年に創業したインドの企業。ホテルや賃貸住宅を丸ごと借り上げて運営、ネット経由で利用者を集めて急成長した。

OYOのアガルワルCEO ©共同通信社

「OYOは孫正義氏が運営するソフトバンク・ビジョン・ファンドから資本提供を受け、いまや世界第2位のホテル事業者で時価評価額は約100億ドルと見積もられています」(同前)