昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「のぼり旗が落ちてますよ」 新橋・宝くじの名所も狙われた“親切風窃盗団”の手口

 幸運のシンボルとされる名所が、まさかこんな“不運”に見舞われるとは。10月14日、東京・新橋の宝くじ店が窃盗被害に遭い、警視庁が捜査に乗り出した。社会部記者が解説する。

「午後4時ごろ、外国人風の男が売り場ののぼり旗を持って『落ちてましたよ』と70代の女性従業員に声をかけた。従業員が外に出た隙を狙い、別の男が店に侵入。引き出しや金庫から現金約200万円を盗みだした。他に男2人が見張り役をしていたとみられます」

周囲に防犯カメラも多い新橋の宝くじ店 ©共同通信社

 同店は新橋駅前のSL広場に位置し、数々の大当たりを出した全国的にも有名な売り場だった。さらに2日後にはこんな事件も。

「新宿・歌舞伎町の両替やブランド品の買取り・販売をしている店に、外国人風の3人組が出現。ショーケースにあったバッグを『見せてほしい』と英語で頼み、女性店員がカウンターの外に出た隙に1人が事務室に入って現金485万円、100ドル札100枚、100元札を200枚盗みました」(同前)

 その1時間半ほど前にも、「近くの両替店に同じく『のぼり旗が落ちていますよ』と教えた隙に店に押し入ろうとして失敗した事件が発生。警視庁は手口や時期などから、宝くじ店と同一犯の可能性があるとみて捜査を進めています」(同前)