昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

男子バレーW杯4位と躍進したが……“上から目線”バレー協会の広報体制がひどい

 10月15日に閉幕した男子バレーW杯。日本は8勝3敗と過去最高の勝利数で、28年ぶりとなる4位と躍進を遂げた。

 立役者は19歳の新鋭、西田有志(ゆうじ)だ。大学卒業後にVリーグ入りする選手が多い中、高卒で飛び込んだ異端児。186cmと高さでは劣るが、跳躍力を生かしたアタックと、何といっても武器はサーブ。出場選手中、サーブ成績は1位。最終日のカナダ戦で、決着をつけたのも西田の連続サービスエースだった。

 加えて、エース石川祐希の成長も大きい。プロ契約選手としての自覚と、世界最高峰のイタリア・セリエAで重ねた経験を、今大会は随所で発揮。エースとしてチームを牽引した。

チームを牽引した石川(左)と西田 ©AFLO

 12年のロンドンで銅メダルを獲得した女子と比べ、男子は08年の北京を最後に、五輪に出場さえできない冬の時代が続いた。16年冬には中垣内祐一監督が内定するも、直後に交通事故で謹慎。何とも前途多難な幕開けとなり、昨年9月の世界選手権も1次リーグ敗退。開幕前の注目度は、同時期のラグビーW杯に比ぶべくもなかった。

 ところが蓋を開ければ、選手の活躍や、外国人コーチの指導に基づく戦術強化で進化を遂げ、4位に大躍進。もっと騒がれていいはずなのに、メディアで報じられる機会はごくわずか。一般紙やスポーツ紙に至っては、ほとんど写真も載らず、あるのは短い結果だけ。そこには深い理由がある、と担当記者は言う。