昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「とくダネ!」来年終了へ 小倉智昭が望む後任、笠井信輔アナ起用ならギャラはいくら?

 9月30日からリニューアルスタートした「情報プレゼンター とくダネ!」(フジ系)。曜日ごとに新キャスターが加入した。月曜は俳優の石黒賢(53)、火曜はカズレーザー(35)、水・木曜は社会学者の古市憲寿(34)、そして金曜が元サッカー日本代表の鈴木啓太(38)という布陣だ。

小倉智昭氏 ©文藝春秋

 リニューアル3日前、メインMCを務める小倉智昭(72)は目を潤ませていた。20年間、共に番組を支え、9月末でフジテレビを退社する笠井信輔アナ(56)の最後の出演日だったのだ。

 番組で自由奔放に発言する小倉を、常にフォローしてきたのが笠井だった。

「小倉さんと笠井さんはまさに長年連れ添った夫婦のようでした。阿吽(あうん)の呼吸でうまく立ち回ってくれた笠井さんがいなくなり、伊藤利尋アナや新キャスター陣に小倉さんのフォローができるのかという不安はあります」(番組関係者)

 小倉の胸には感慨以外に、大きな望みも去来しているはず、とフジ関係者が語る。

「実は、フジは来年10月に『とくダネ!』を終了し、新番組を立ち上げる予定。小倉さんはその後番組の司会を笠井さんに、と思っているようなのです」

 笠井が退社後の所属先に選んだのも、他ならぬ小倉の所属する芸能事務所だ。

「管理職としての生活を送るより、テレビの現場に居続けたいと思っていた笠井さんは、2年ほど前から小倉さんに相談。小倉さんは『一度うちの事務所の話を聞いてみる?』と紹介し、スムーズに入所となりました」(他の局関係者)