昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ドクターX」米倉涼子のギャラは一話いくら? 決め台詞が「私、何でもいたします」に変わった理由は?

「いたしません」

「ドクターX」(テレビ朝日系)シリーズで、手術以外の些事には関わらない大門未知子の決め台詞である。

 だが、未知子を演じる米倉涼子(44)の振る舞いは、それとは違って――。

◆◆◆

 10月17日から始まる「ドクターX」はパート6を数える。

「8月末に出演者の顔合わせがあり、米倉が所属するオスカープロモーションの古賀誠一社長も姿を見せていた。米倉のギャラは一話500万円と言われていて、トップ女優でも300万円ですから破格です。企画者には古賀社長の名もクレジットされており、制作協力費と併せて一話1000万円がオスカーに支払われているようです」(テレ朝関係者)

米倉涼子

 顔合わせの日には第一話の台本読み合わせもあった。初共演の市村正親(70)とは、早くも息の合ったところを見せたという。

「市村さんの役どころはブラジル日系二世の医師・ニコラス丹下。ポルトガル語を喋るシーンがあるのですが、驚くほど流暢で、ツボにはまった米倉さんは爆笑していました。米倉さんはアルゼンチンタンゴにハマったのをきっかけにスペイン語を勉強したので、市村さんの発音のうまさもよくわかったのでしょう」(同前)

 実はパート6にこぎつけるまで紆余曲折があった。オスカー関係者が明かす。

「視聴率10%を超えれば御の字という今のドラマで、20%をコンスタントに超える『ドクターX』はテレ朝、オスカー双方にとってドル箱。でも、肝心の米倉が同じ役を続けたくないと乗り気ではなかった」

 そこで、秘策を立てた。