昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

横浜銀蝿“完全復活” Johnny61歳が明かした「今まで再結成を嫌がっていた理由」

「三十数年ぶりにリーゼントをキメた自分を鏡で見て、『あ、やっぱコレもありかな』って(笑)。年老いたなんて、ぜんぜん思わないですよ」(Johnny)

 1980年代初頭、音楽シーンを席巻した「T・C・R横浜銀蝿R・S」が来年、結成40周年にして“完全復活”を遂げる。

◆◆◆

 サングラスにリーゼント、革ジャンに白いドカン姿のツッパリ4人組がデビューしたのは80年9月。2枚目のシングル「ツッパリHigh School Rock'n Roll(登校編)」が大ヒット。2年後には日本武道館を満席にした伝説のバンドだ。

若き日の4人。左から翔、嵐、TAKU、Johnny

 83年の大晦日に解散。98年から断続的に再結成してきたが、唯一参加しなかったのがJohnny(61)だ。リードギター&ボーカルとして圧倒的な人気を誇っていた彼が、「横浜銀蝿40th」に合流。翔、嵐、TAKUと共に、37年ぶりにオリジナルメンバーが揃うことになったのだ。

 その経緯をJohnnyが語る。

「銀蝿が終わったあと、ソロ活動中に結婚。子どももでき、30歳の時にキングレコードの社員になりました。横浜銀蝿は芸能史には残っていると思いますが、音楽史には残っていないと思うんです。だから、レコード会社に入るからには音楽史に残るアーティストに関わりたい、と思った。何回か再結成の話はもらったけれど、その志が中途半端な状態ではイヤだった」