昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【追悼】「世界で最も尊敬された日本人」緒方貞子さんが貫いた“3つの尊厳”

92歳で逝去――みな緒方さんの人柄に魅せられた

2019/10/29

source : 文藝春秋 2013年1月号

genre : ニュース, 社会, 国際

 10月29日、日本人初の国連難民高等弁務官を務めた緒方貞子さんが亡くなっていたことが分かりました。92歳でした。緒方さんは在任中の10年間でイラク・クルド難民問題、ボスニア紛争、ルワンダ大虐殺問題などに取り組み、支援と「難民へのリスペクト」を訴えました。「文藝春秋」2013年1月号では、50年来の親交があるウシオ電機の牛尾治朗会長が、緒方さんとの思い出を語っていました。その全文を特別公開します。緒方貞子さんのご冥福をお祈り致します。

※記事中の年齢や日付などは掲載時のものです。

◆ ◆ ◆

「日本を代表する国際人」というとき、真っ先に上がる名前は、緒方貞子(85)に違いない。ウシオ電機の牛尾治朗会長(81)は、昭和31年に留学先のアメリカで机を並べた仲。50年来の親交を語る。

緒方貞子氏 ©文藝春秋

 確信をもって断言しますが、いま世界で最も尊敬されている日本人は、間違いなく緒方貞子さんです。

 日本初の女性国連公使となった緒方さんは、国連関係では、児童基金執行理事会議長、難民高等弁務官などの要職を歴任しました。国内でも、アフガニスタン支援日本政府特別代表や、2012年春までの9年間は国際協力機構(JICA)理事長をお務めになりました。

 僕は25歳のとき、勤めていた東京銀行を休職してカリフォルニア大学バークレー校の大学院へ留学し、アジア政治が専門のロバート・スカラピーノ教授(後に同大名誉教授)の教室に入りました。二学期から入ってきたのが、中村貞子さん。のちの緒方さんです。15人くらいのクラスに、日本人は私たち二人だけでした。

国連本部へ ©文藝春秋

 犬養毅元総理を曽祖父にもち、外交官の家に生まれた緒方さんは、聖心女子大を卒業してアメリカのジョージタウン大学大学院へ進んだあと、さらに政治学の勉強を続けていらっしゃったのです。アメリカ暮らしが長いというのに、とても日本的な、しとやかな女性でした。僕は、年下だとばかり思っていた。勉強熱心だし英語も抜群ですから、よくノートを見せてもらった。非常に助かりました(笑)。

 帰国後、僕は親父の事業を継ぎ、緒方さんは国際基督教大学や上智大学で教鞭を執られました。昭和60年に僕が内閣官房の日米研究会の座長をしたときは、緒方さんに委員になっていただいて、4年ほどご一緒しました。

プリンストン大学で開催された国際シンポジウム「傷を癒す」にパネリストとして出席 ©文藝春秋

 その研究会で、ある若い先生が外務省を誹謗したことがあります。すると即座に緒方さんが、

「言う通りかもしれないけど、節度をもってしゃべりなさい」

 ピシッと後輩を指導したのです。筋の通った人だな、と感じ入りました。