昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

田口淳之介・小嶺麗奈に手錠をかけて……問題映像の裏にマトリとフジテレビ記者とのズブズブ

 前代未聞の判決3カ月延期は、なぜ起きたのか――。

 大麻取締法違反罪に問われたKAT-TUN元メンバー・田口淳之介被告(33)と元女優・小嶺麗奈被告(39)の裁判。10月21日、2人はそれぞれ懲役6月、執行猶予2年を言い渡されたが、この判決、本来なら7月に済んでいるはずだった。社会部記者の解説。

田口は「信頼を取り戻せるよう精進する」とコメント

「判決が延びたのは、捜査を担当した関東信越厚生局麻薬取締部(通称・マトリ)が、2人の自宅の捜索時に撮影した動画を、フジテレビとタッグを組んでいたテレビ制作会社に頼まれ、提供していたためです」

 マトリは自宅内を捜索する様子から、2人に手錠をかけて連行に至るまでの映像を未編集のまま制作会社D社に提供。フジは当初の判決日である7月30日に映像を放送予定だった。

「映像提供の背景には、フジのA記者とマトリとのズブズブな関係がある。A記者はこれまでD社と組み、マトリ関連の密着取材を手がけていた。A記者はマトリ幹部と親密で、マトリ側も他の芸能人のクスリ関係のネタをもらっていたようです」(民放関係者)