昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

NHK「即位の礼特番」になぜか起用の坂下千里子 イメージダウン後にどう“復活”したのか

 10月22日に行われた新天皇の即位礼正殿の儀。NHKの特番では居並ぶ学者や皇室記者が解説する中、ゲスト席に座る女性が目を引いた。かつてバラエティ番組を席巻した、タレントの坂下千里子(43)だ。

ロイヤルな装いもバッチリ(10月22日 NHK『即位礼特設ニュース』より)

 ロイヤルブルーの服に真珠のネックレス。緊張の面持ちだったが、司会者に雅子皇后の十二単の感想を尋ねられると「あの袴というか、下にちょっと薄い桜色が見えるのもかわいい~」とチリコ節を聞かせた。

 放送記者が坂下起用の背景を解説する。

「最近、大きな節目での特番の際、NHKはあえて場違い感を起こさせるような人選をする。4月1日の新元号発表特番では中川翔子(34)。30日の“元号またぎ”特番では指原莉乃(26)。話題になる時点で成功ですが、共に内容的にも好評だったことから、4年にわたり『これでわかった!世界のいま』に出演しており、NHKへの貢献度大の坂下起用となったのでしょう」

 坂下は1994年、18歳の時、CMオーディションの優勝をきっかけに女子大生タレントとして始動。97年に土曜の大型番組「王様のブランチ」(TBS系)のレポーターに抜擢され、はしのえみ(46)との掛け合いで頭角を現した。

「“おバカキャラ”スレスレの元気キャラの一方、歯切れのいいコメントで地頭の良さを発揮。知名度を大幅に上げたのは2000年のエステ会社CM。『バッチリチリ脚』のキャッチフレーズでバレエで磨いた美脚を披露。出演タレント自身をアピールするCMとして秀逸だった」(芸能デスク)