昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

神戸・東須磨小学校イジメ事件 教育現場にあるまじき異常事態の責任はA前校長にある

当の本人は「絶対にばれない所に潜伏している」と豪語しているという

source : 週刊文春

genre : ニュース, 社会

 11月1日、神戸市教育委員会は、東須磨小のA前校長を市教委付に異動させた。問題発覚後、一部のメディアには顔と名前を伏せて登場したA前校長だが、現在は、体調不良を理由に学校を休んでいる。市が設置した第三者委員会のヒアリング対象にもなっており、今後はA前校長への調査も本格化させる方針だ。

神戸市立東須磨小学校

前校長は雲隠れ状態

「当初、A前校長は『自分も会見する用意があるのに、市教委が言ってこないんだ』と嘯いていたそうです。その後、A前校長の仲介者を名乗る人物が一部のテレビ局に接触。いろいろな条件を付けて、取材の設定をしていました。

 しかし、最初に取材を受けたインタビューが批判を集めると、次の取材では自身のパワハラを限定的に認めるという作戦に転じました。その後は行方をくらまし、雲隠れ状態です」(市政担当記者)

 一連のイジメ事件では、教育現場にあるまじき異常事態が起きていたことが明るみに出た。加害者として4人の教師の関与が明らかになっているが、「週刊文春」の取材によれば、イジメが横行する校内環境が醸成された責任は、A前校長にある。

A前校長

 A前校長は、被害者のX先生が東須磨小に赴任してきた際、教頭を務めており、イジメが本格化したとされる昨年度は校長に昇任した年だった。

「被害者のX先生が1年目の頃、近隣小学校との親睦会を欠席すると伝えると、『おまえは、俺の顔に泥を塗ってええんか』と恫喝。別の飲み会でもお酒が強くないX先生に『1杯目はビールやろ』と酒を強制していました。

 また、担任するクラスが学級崩壊状態に陥ってしまった若手教師には『おまえには、郵便屋か新聞配達が向いている』と言い放ったこともありました。イジメ加害者のうちの一人で、問題となったカレー動画でX先生を羽交い締めにするなどしていた男性のB先生はこの発言を聞きつけ、その若手教師のことを『郵便屋!』といじっていました」(東須磨小関係者)