昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

既婚者と泥酔キスで炎上中「いきマリ」中村江莉香が「彼のふとんに潜り込むと…」

出演女性が語った「リアリティーショーのリアル」

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能, テレビ・ラジオ

 既婚男性とのキス映像がYouTubeで生配信されてしまったモデルの中村江莉香(31)。中村のブログやSNSには、ファンからの批判や励ましなどのコメントが溢れている。

 中村の知名度が上がったのは、今年2月2日から4月27日までに配信されていた“新婚”観察リアリティーショー番組「いきなりマリッジ2」(AbemaTV)への出演がきっかけだ。番組終了後に同番組の他の出演者との交際を発表したときは、ブログへのアクセスが200万を超えたこともあった。「週刊文春デジタル」がキス映像配信について取材した際には、「波に乗っていると勘違いしていたところもあったと思います」と答えている。

 

 実は取材班は “泥酔キス映像”が生配信される前に、すでに中村にインタビューを行っていた。テーマは「リアリティーショー番組のリアル」。30日間の“新婚生活”の実態や、リアリティーショー番組に出演した理由、炎上してもSNSを続けるのはなぜか――。

 今回あまりに“リアル”な打撃を受けたわけだが、それでも中村が私生活を公開し続ける理由に迫った。

◆ ◆ ◆

――「いきマリ」は結婚願望を持つ初対面の男女が、出会ってすぐに挙式して婚姻届にサインし、30日間“新婚生活”を送るんですよね。

中村 そうです。挙式は沖縄の教会で、そこで“新郎”と初めて顔を合わせたのですが、なんと顔見知りで! 地元の京都でモデル活動を始めて、上京してからも続けているのですが、以前カメラマンである五十嵐恭雄さん(36)に撮ってもらったことがあるんです。こんな偶然ってあるんやなって思いました。

「いきなりマリッジ2」(AbemaTVより)

「着替えるときはカメラのスイッチを切ってください」

――その後、世田谷の一軒家で擬似夫婦生活が始まったわけですが、スタッフから撮影のレクチャーや禁止事項の説明などはあったんですか?

中村 何もないんですよ。突然、撮影が始まるんです。各部屋に小型カメラが設置されていて、ルールはなくて全部自由。強いて言うなら、「着替えるときはカメラのスイッチを切ってください」って言われたことくらいです。ただやっぱり家での撮影はしんどくて、カメラを意識して不自然になってしまいました。慣れるのには1週間くらいかかりましたね。