昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「宝塚音楽学校は刑務所」「男役メイクでチュー」……元タカラジェンヌが暴露した過激な中身

「1年目は囚人生活」

「地獄の日々」

「(お芝居を)3カ月くらいやってると飽きてくる」

 宝塚歌劇団での日々について動画配信サイト「ユーチューブ」で過激な発言を連発し、炎上している“元タカラジェンヌあんり”。昨年まで宝塚花組男役「亜蓮冬馬」として活躍していた彼女の真意とは……。

◆◆◆

 あんりさんは2011年に宝塚音楽学校に入学し、13年に宝塚歌劇団に入団。

「入団時の成績は37人中6番で、アメリカ人の父を持つハーフ。本人は娘役を希望していたが、175センチと高身長でイケメンのため、男役に回された。新人の多くが“その他大勢”役で下積みをする中、すぐに“路線スター候補”として役名を与えられました。新人公演では男役スターの鳳月杏さんの役を演じ、色気たっぷりのキスシーンをこなしています」(スポーツ紙記者)

将来有望だった「亜蓮冬馬」(「宝塚おとめ」2018年度版より)

 順調に育てばトップスターの目も……と期待されていたが、昨年12月に突然、退団を発表。ファンが語る。

「長い手足でのダンスは舞台映えして華がありました。舞台上ではクールですが、劇場の出入りではいつもニコニコしていて気さく。そのギャップにファンはメロメロでした。変な時期に退団挨拶もないまま辞めたので、何かあったのかと気になっていましたが……」

 今年5月にユーチューブチャンネルを開設すると、「宝塚音楽学校は刑務所だった」などと題し、冒頭のような発言の動画を次々とアップ。退団理由について、「ここにいても時間の無駄かなと思い始めた」「心から尊敬できる人がいなかった」などと明かした。