昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

女の髪にも「もっとボリュームを!」問題

私たちは女の髪の「老化」について、まだよく知らない。いまこそ考える、“女の髪”塾。

2019/11/20

PR

グレイヘアのトレンドは、確かに勇気をくれるけれど。
問題なのは髪の量

 今にわかに注目を浴びる大人の女のグレイヘア。カラーリングに頼る黒髪よりも、白髪を気にしない人の方がむしろ粋、そうした新しい価値観が生まれて、女の髪意識は一気に変化した。もう髪の未来を恐れないようになったはず。

 でも間違ってはいけないのが、美しいグレイヘアも豊かな毛量あってこそのもの。髪のエイジングを放っておいていいという話ではない。むしろ髪の量にはさらにこだわるべき時代に入ったのかもしれない。

 歳を重ねるほどに、顔印象を作るのは髪になる。髪がくたびれていれば、顔もくたびれて見えるというふうに。肌に衰えが見え始めてからは、それが年々顕著になる。

 だから肌にシワやたるみが増えた分だけ、髪にハリと輝きをもたらすべきなのだ。それだけで本当に、肌まで生き生き見えるのだから。顔と髪はそこまで抜き差しならない関係にあるのだ。

髪は40代から減ってくる。なぜ40代?
女の髪と男の髪。減る原因は違っていた

 40代は肌の衰えが目に見えてくる時。だから肌に気をとられていると、ある日突然、ペシャンコになったり分け目が目立ったりと、明らかに髪が減った印象に、驚くのかもしれない。たとえ本数は減っていなくても、髪に力がなくなることに愕然とするかもしれないのだ。

 でもなぜ40代? ずばりそれは、女性ホルモンの分泌量が下降線を示し始めるから……。

 男性の薄毛は、遺伝や男性ホルモンなどによる進行性のAGA(男性型脱毛性)が主であるのに対し、女性の薄毛には、女性ホルモン、エストロゲンが大きく影響している。30代半ばをピークにその量はどんどん減ってきて、やがて40代後半から更年期が始まり、エストロゲンは一気に減少へ。だから女性の脱毛はこの更年期と深いつながりがあるのだ。

©shutterstock
©shutterstock

男よりも分かりにくい。
ホルモンから。頭皮から。女の髪の老化はダブルで来る

 女性だけの薄毛の原因は他にもあって、近年抜け毛に悩む女性が加速度的に増えているのは、やはり深刻なストレスを抱える女性が多くなったから。一時的な原因には妊娠出産なども挙げられるけれど、過度なダイエットも大きな原因になってくることを忘れずに。

 さらに女性の場合は、ドライヤーやパーマ、カラーリングなど、ヘアスタイリングによって頭皮にかける負担は男性の比ではない。そのために頭皮のエイジングが早まり、それが抜け毛をもたらすケースも。だから女性は女性ホルモンと頭皮の衰え、両方の原因と戦わなければいけないのだ。

女性の髪に必要な“女性ホルモン配合”育毛剤

 女性用の育毛剤はもう珍しくはない。でも男性の脱毛との違いを踏まえ、より明快になった“女性だけの髪事情”をとらえた女性用育毛剤がある。

「ミノキ兄弟」でお馴染み、ミノキシジル配合「スカルプDメディカルミノキ5」を発売しているアンファーが開発した女性用の薬用育毛剤、「スカルプ Dボーテ メディカルエストロジー スカルプセラム」である。

 本商品は女性ホルモン「エチニルエストラジオール」を配合(※)。頭皮に女性ホルモンを与え、抜けにくい髪を育てあげる女性用育毛剤だ。  

※育毛剤なので全身に働きかけるものではありません。

抜けにくくなるだけではない。女性の髪にとって嬉しいエストロジー

 女性の髪は1本1本が力強く抜けにくくなると、スタイリングもうまくいき、顔印象まで明るくなるというふうに、思いがけない副産物が一斉に押し寄せる。

「生え際が立ち上がる」「髪型が決まる」「若返って見える」「髪がいきいきしてきた」「全体的にふんわりしてきた」などなど、スカルプD ボーテ メディカルエストロジー スカルプセラムに寄せられる感想は本当にさまざま。

 エストロジーは、女性の髪を知るアンファーのこだわりが詰まった女性用育毛剤なのだ。

スカルプD ボーテ メディカルエストロジー スカルプセラム /SDBメディカルエストロジーセラムSL2〈薬用育毛剤〉 80mL ¥7,945(税込)/アンファー
スカルプD ボーテ メディカルエストロジー スカルプセラム /SDBメディカルエストロジーセラムSL2〈薬用育毛剤〉 80mL ¥7,945(税込)/アンファー

女の髪が、年齢とともにぺしゃんこになる原因。
伸ばせなくなる理由

 量の問題以前に、女性の髪がぺしゃんこになってしまう理由はさまざまあって、単純に髪にハリコシがなくなること、髪を支える頭皮にダメージがあること、毎日のヘアケアの間違い、さらにはスタイリングの失敗まで、いろんな原因が複合的に重なり合っているケースが少なくないのだ。

 年齢を重ねるほどに、何となく多くの人が髪を長く伸ばさなくなるのは、長くするほどに重たくなるその重さに耐えられず、さらに髪全体がボリュームダウンしてしまうから。 

 年齢を重ねるほどに華やかな髪型にしたいのに、女性の髪だけの悪循環と言えるだろう。でもそれだって、生え際に力があれば、また髪1本1本にハリとコシがあれば回避できるはず。

 肌と同じく、髪にも潤いがなくなってくるから、ヘアオイルやヘアミルクなどでお手入れをしたために、必然的にぺしゃんこになってしまうというケースも少なくない。

 潤いを与えながらも、ハリコシをもたらしていくようなアプローチが必要。ボリューム感がなくなった髪はそうした日々のヘアケアやスタイリングから見直すべきなのだ。

 そう、女の髪は、ボリュームがあるように“見せる”ことができる。単純にボリュームアップを考えたシャンプーやトリートメントを選べば、本当にその日から。

 頭皮環境を整えるうるおい成分、豆乳発酵液やカッコンエキス、コラーゲンを配合しつつ、仕上がりにボリューム感をもたらすのが、アンファーのスカルプD ボーテ。洗うことで、日々ふっくら髪を作ってくれる。

髪のふっくらは、頭皮の環境を整えることから生まれる?
育毛剤とのコンビケアで、もっと増えて見える。

 生き生きしたふっくら髪のためにはまず頭皮がしっかりしていなければ。だからスカルプD ボーテは、独自の設計で頭皮の環境を整えるというアプローチを日々のシャンプー&トリートメントに加えたのだ。

 それはまるで、美しい花を咲かせるために土地を耕すようなこと。でも特別なケアは要らない。毎日のシャンプーで、それが叶う。自分に合ったシャンプー選びだけで、髪のボリュームケアが叶うのだ。

 そこで提案。このスカルプD ボーテと女性ホルモン「エチニルエストラジオール」配合のスカルプD ボーテ メディカルエストロジーを合わせ使いすることで、考えうるあらゆる方向から頭皮と髪にアプローチする、女性ヘアケア市場で女性の頭皮と髪のことを考えたコンビケアができるはず。30代後半からは、髪のボリュームに対して予防ケアを始めるべき。そういう意味でのベストセレクションと言えるだろう。

左から、スカルプD ボーテ 薬用スカルプシャンプー(ボリューム)、薬用トリートメントパック(ボリューム)/ボーテ 薬用シャンプーVN1、ボーテ 薬用トリートメントパックVN1[医薬部外品]各350mL ¥3973(税込)/アンファー
左から、スカルプD ボーテ 薬用スカルプシャンプー(ボリューム)、薬用トリートメントパック(ボリューム)/ボーテ 薬用シャンプーVN1、ボーテ 薬用トリートメントパックVN1[医薬部外品]各350mL ¥3973(税込)/アンファー

頭皮まで保湿して、土を耕すように、生き生きキレイな髪を保つケア

 スカルプD ボーテはすべての成分に丁寧なこだわりを持ったシリーズ。頭皮にアプローチする12の成分はすべて天然由来。逆にシリコンやパラベンなど6つの成分(※)を無添加。 

※6つの無添加成分:シリコン、鉱物油、合成着色料、フェノキシエタノール、パラベン、サルフェート

 優れた洗浄力と優しい泡立ちを両立させるアミノDウォッシュ(※)で、頭皮も髪も大切に手厚く洗い上げることでも、頭皮環境は整い、髪はふっくらすると考えて。  

※N-ラウロイル-L-アスパラギン酸ナトリウム液(洗浄剤)

 スカルプD ボーテには、ボリュームタイプに加え、モイストタイプも用意されている。これもまた、乾ききった土地を耕しながら十分に潤すことで、みずみずしい花を咲かせる発想。

 ただ洗うだけではない、日々洗うことがそのまま髪の未来のための頭皮ケアとなること知っておきたい。男性用発毛剤でもまつげ美容液でも成功を収めたアンファーが開発した、未来的なシャンプーケアであることを知って欲しいのだ。

左から、スカルプD ボーテ 薬用スカルプシャンプー(モイスト)、薬用トリートメントパック(モイスト)/ボーテ 薬用シャンプーMC1、ボーテ 薬用トリートメントパックMC1[医薬部外品]各350mL ¥3973(税込)/アンファー
左から、スカルプD ボーテ 薬用スカルプシャンプー(モイスト)、薬用トリートメントパック(モイスト)/ボーテ 薬用シャンプーMC1、ボーテ 薬用トリートメントパックMC1[医薬部外品]各350mL ¥3973(税込)/アンファー

齋藤 薫(さいとう かおる)
女性誌編集者を経て美容ジャーナリスト/エッセイストに。女性誌において多数のエッセイ連載をもつほか、美容記事の企画、化粧品の開発・アドバイザーなど幅広く活躍。最新刊は『大人の女よ!もっと攻めなさい』。

写真=釜谷洋史/文藝春秋

●問い合わせ先:アンファー https://sd-beaute.angfa-store.jp/