昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

2019/11/07

しかし「れいわ」の支持率は半滅

 10月30日には、無所属の馬淵澄夫元国交相と消費税5%を野党結集の旗印に掲げる「消費税減税研究会」を設立。野党三党から22議員が参加した。国民民主の玉木雄一郎代表も減税に理解を示すが、立憲民主の枝野幸男代表は否定的で、所属議員には同研究会への参加を許可制にした。

「まぁ、脅威だと思ったんじゃないですか」(山本氏)

©常井健一

 だが、「リアル」は厳しい。共同通信の世論調査ではれいわの支持率が参院選直後の4%超から約2%に半減。政権政党に必要な「2000万票」という水準には一桁足りない。「保守派にも浸透しうる」と唱える専門家もいたが、「集会に来ている人は共産党や社民党に近い左派系が約7割」(参加した野党議員)。参院選で4億円も集めた寄付金も、「100人擁立」を目指す次期衆院選までに20億円を目標に掲げるが、伸び悩む。山本氏に改めて聞くと、

「政治の世界だから、いろいろありますが、消費税5%にして人々を救えるならどう思われたっていい。それができなければ、6年も政権交代に失敗した野党の旧体制とも対決しますよ」

©常井健一

 この不思議な風が野党の追い風となるか、向かい風となるかはまだ見通せない。

出典元

森田健作台風被害の最中に「公用車で別荘」疑惑

2019年11月14日号

2019年11月7日 発売

定価440円(税込)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー