昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

国母和宏が大麻密輸で逮捕 海外スノーボーダーが大麻を常用するワケとは?

 11月6日、プロスノーボーダー・国母和宏容疑者(31)が、麻薬取締法違反の疑いで厚生労働省麻薬取締部に逮捕された。国母容疑者は同日午前に東京都千代田区にある同部庁舎に出頭。同日午後6時すぎ、国母容疑者を乗せたとみられる車が、留置先の湾岸署に入っていった。捜査関係者が語る。

国母和宏容疑者 ©共同通信社

大麻製品およそ57グラムを密輸。営利目的か?

「去年12月、アメリカから大麻製品およそ57グラムを国際郵便で密輸したとして、大麻取締法違反の疑いがもたれています。端緒となったのは成田空港で税関職員が発見した不審な荷物。包みの中には粘性のある大麻製品が入っていた。そこから捜査を進め、今回の逮捕に繋がった。このタイプの大麻だと耳かきですくった程度で1回分の使用量に相当するため、同部は営利目的と判断している」

移送される国母容疑者 ©文藝春秋

 国母容疑者は2006年トリノオリンピックと2010年バンクーバーオリンピックに、スノーボード・ハーフパイプで出場している。印象深いのは2010年の“腰パン騒動”だ。

「当時、国母選手はズボンを腰まで下げ、シャツの裾を外に出した格好でバンクーバー入りし、世間からバッシングを受けた。批判を受けて謝罪することになったが、会見で彼が発したのは『反省してまーす』という反省の色の見えない一言。『日本代表がとるべき態度ではない』と大炎上しました」(スポーツ紙記者)

2010年2月、バンクーバーオリンピック出場にあたり、日本選手団の橋本聖子団長(左)とともに記者会見する国母和宏容疑者 ©共同通信社

 この騒動の後、国母容疑者はバンクーバー大会で8位に入賞。オリンピック出場後は指導者やプロスノーボーダーとして活動していた。2014年ソチオリンピック、2018年平昌オリンピックで、2大会連続で銀メダルを獲得した平野歩夢選手のコーチも務めた。スノーボード界に詳しいスポーツジャーナリストが語る。