昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《ロッテと契約》背番号17・佐々木朗希の命運を握る魔球「浜風フォーク」

元守護神が語るマリンスタジアム攻略術

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, スポーツ

 ロッテからドラフト1位指名を受けていた大船渡高の佐々木朗希投手(18)は、11月30日に入団交渉を行い、契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1600万円で合意した。

「将来は170キロを投げて欲しい」という思いを込めて背番号「17」に決まった“令和の怪物”が、プロ入りしてまず直面するのが通称「マリン風」だ。

指名のあいさつに訪れたロッテの井口監督(左)と握手を交わす大船渡の佐々木投手(10月29日) ©共同通信社

元守護神が語る「鯉のぼりも吹き飛ぶ強風」

 佐々木投手のホーム球場となるZOZOマリンスタジアム(千葉市美浜区)は、12球団の球場の中で最も気象状況に左右されやすい球場。海岸から200メートルしか離れていない珍しい立地で、秒速10メートルを超える浜風は名物となっている。

「とくに春先は荒れる印象がありますね。マリンスタジアムでは、ゴールデンウィークになるとスコアボードの上に、球団旗と並べて鯉のぼりを揚げるんです。でも強風で飛ばされて、気付くといなくなっている(笑)。海風が秒速20メートル近くなると、高く上がったホームラン性の打球が上空の風で押し戻されて外野フライとなって得した気分になることもありました」

 そう語るのは、ロッテで通算227セーブを挙げた“幕張の防波堤”こと、小林雅英氏(45)だ。2007年まで9年間、守護神としてマリンスタジアムのマウンドに立ち続けた小林氏は、佐々木投手を待ち受ける「マリン風」の特徴について、次のように語る。

2005年、パリーグ・プレーオフ第1ステージに登板する千葉ロッテマリーンズ時代の小林雅英投手 ©文藝春秋

「スタジアムが円筒のような形になっているので、バックスクリーン方向からホームベース側に入ってきた風は、バックネット後方の壁に当たって、向かい風となってマウンドに跳ね返ってくるんです。つまり、上空とマウンド上の風向きが真逆になる現象が起こる。その風の影響で、変化球は曲がり過ぎたりすることもあります」