昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

高木美保さんが語る「楽しく、清々しい、心の琴線に触れるエシカル消費のススメ」

PR

イタリアの寝具メーカー「マニフレックス」は、創業時から一貫して、健康、安全、環境保全を目指してきた。那須高原に移り住んで21年、有機栽培農業にも取り組んできた高木美保さんはどう思うのだろう。

環境問題は今が正念場

 1998年、那須に移住。コメンテーターとして活躍する傍ら農業をしながら自然の中で暮らす高木美保さん。

 「生まれは東京ですが、小さい頃から祖父母の住む田舎で遊んで自然に魅力を感じ、大人になって本物の自然の中で生活する夢を実現させました。自然の豊かな場所は、空気も水も景色も食べ物もすべてが違う。自然に生かされていることを痛感しています」

高木美保 タレント・エッセイスト
1984年、映画『Wの悲劇』で女優デビュー。98年より那須高原にて自給自足の暮らしを始める。現在は、芸能活動のみならず、環境講演、執筆業など幅広く活躍。環境省の「国連生物多様性の10年日本委員会」の「生物多様性リーダー」も務める。
高木美保 タレント・エッセイスト
1984年、映画『Wの悲劇』で女優デビュー。98年より那須高原にて自給自足の暮らしを始める。現在は、芸能活動のみならず、環境講演、執筆業など幅広く活躍。環境省の「国連生物多様性の10年日本委員会」の「生物多様性リーダー」も務める。

 自然好きであることから環境破壊にも心を痛め、移住以前から環境問題に積極的に取り組んできた。

 「20年余り前は、私の話に耳を傾けてくれる人はあまりいませんでした。けれども記録的な大雨や酷暑など、当時環境問題の専門家が予言していたことが現実になっています。地球環境はもう待ったなし、今が正念場。そんな中で、各企業のSDGsへの関心が高まりつつあるのを嬉しく思います」

 SDGsの目標12「つくる責任、つかう責任」は、企業と消費者のあり方を示している。

 「かつては、利益につながらない環境問題など邪魔でしかないという企業がほとんどでした。けれどもようやく今、経済は安定した地球環境や豊かな資源があってこそ発展できることが明らかになってきた気がします」

家の庭の畑で胡瓜、ナスなどを栽培(右)。リスにあげたヒマワリの種が地面に落ちて見事に花開く(左)。自然から多くのことを学ぶ日々
家の庭の畑で胡瓜、ナスなどを栽培(右)。リスにあげたヒマワリの種が地面に落ちて見事に花開く(左)。自然から多くのことを学ぶ日々

 今から50年以上前にイタリアで創業したマニフレックスは、人にも環境にも優しい製品を作るという信念を貫き通してきた企業。

 「20年前でさえ環境に配慮する商品を扱う企業は稀で、経営者は変わり者扱いでした。私はそんな努力が報われてほしいと願い、エシカルコンシューマーとして陰ながら応援してきたつもりです。マニフレックスのような企業が時代のトップランナーになっている今の状況を本当に喜んでいるんですよ」

「つかう責任」に向き合って

 マニフレックスのマットレスは、芯材にプラスチックや金属製のスプリングを使用せず、水を基に生成される独自のフォームを使用。廃棄時にも有害物質を発生せず、SDGsの目標14「海の豊かさを守ろう」目標15「陸の豊かさも守ろう」に対応している。

“持続可能”を妨げる金属製スプリングとプラスチックパイプ
マットレスの中の金属製スプリングは現実的にリサイクルが困難で、その多くが粗大ゴミに(写真左)。オーダー枕には細かくカットしたプラスチックパイプが使われている(写真右)。使用後の最終処分が課題
“持続可能”を妨げる金属製スプリングとプラスチックパイプ
マットレスの中の金属製スプリングは現実的にリサイクルが困難で、その多くが粗大ゴミに(写真左)。オーダー枕には細かくカットしたプラスチックパイプが使われている(写真右)。使用後の最終処分が課題

 「必要最低限のものを所有し、必要に応じてシェアすればいいと人々の価値観も変わりつつあります。便利だから、高級だからという理由ではなく、本当に価値あるもの、長く使えるものを選ぶ目が必要になってきますね」

 マニフレックスのマットレスには最長15年、枕にも3年という寝具としては異例の長期保証が設定されている。長期間快適に使用できることから、廃棄の頻度も抑えることができる。

 「今後、様々な場面でAIが人間の働きにとってかわるでしょうが、心の琴線に触れるものはAIには作れません。これから人々に受け入れられるのは、“琴線に触れる製品”。つねに自然に憧れと敬意を持ち続けてきた私たちにとって、環境にいいという価値観は心の琴線に触れます。『この製品を買うと自然を救える』『このマットレスに寝ることで地球が喜ぶ』と聞けばそちらを選びたくなるのが当然ですよね」

側地(上下の白い部分)内部に「エリオセルMF®」、真ん中(ピンク色の部分)に高反発の「エリオセル®」。三層構造の芯材で当たりは優しく体をしっかり支える
側地(上下の白い部分)内部に「エリオセルMF®」、真ん中(ピンク色の部分)に高反発の「エリオセル®」。三層構造の芯材で当たりは優しく体をしっかり支える

 では、私たちはエシカル消費のためにどう行動すればいいのだろう。

 「環境にいいもの、長く使える価値あるものを選び、気づいた人が身近な人に伝えることが大切です。たとえば友達同士で『それは自然に優しくないからSDGsの活動に積極的に貢献している企業の製品にしよう』というのが当たり前の会話になるといい。たとえ少し価格が高くても、環境を守ることで自然災害が抑えられれば復興費用が不要になりその分税金が戻ってくることになります。目の前にあるものだけではなく広い視野でその背景まで考えるようにすることが第一歩だと思います」

マニフレックスは持続可能な社会の実現を目指します

プラスチックを使用しません
スプリングを使用しません
有毒ガスを排出しません

「つくる責任」――マニフレックスは約束します。

 マニフレックスは、廃棄の際、海や大地や自然環境に大きな負荷をかけてしまう金属製のスプリングやプラスチックを寝具の芯材に使用しません。マニフレックスは、国立フィレンツェ大学との共同研究により理想の体圧分散を実現する高反発フォーム「エリオセル®」を使っているため、生産から廃棄まで有毒な物質も排出しません。

 海洋生物の生態系を壊しているマイクロプラスチックは、大きさ5mm以下と微小ですが、小ささゆえに回収が難しく、解決が困難です。食物連鎖を経て、人体に蓄積されることへの警鐘も鳴らされています。

体と地球に優しい寝具

「オクラホマ」(上の写真)は12年の長期保証。人体にも地球環境にも一切無害であることを認定する国際規格OEKO-TEXスタンダード100を獲得。

●表参道ショールーム フリーダイヤル 120-008-604 
●大阪ショールーム フリーダイヤル 0120-028-008


マニフレックスは持続可能な社会の実現を目指します。

提供:株式会社フラグスポート
www.magniflex.jp

photo:Shiro Miyake, hair:Kaori Ichikawa, text :Ayaka Sagasaki

出典元

安倍晋三「桜を見る会」「虚偽答弁」を許すな

2019年11月28日号

2019年11月21日 発売

定価440円(税込)