昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《令和ヤンキー伝 side“A”》綾小路翔も「グッときた」荒川河川敷タイマン事件の全真相

決闘罪で書類送検された2人の16歳【荒川決闘ドキュメント】#1

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 社会

 警視庁千住署は10月30日、事前に申し合わせて喧嘩をしたとして、決闘と傷害の疑いで足立区と荒川区に住む16歳の少年AとBの2人を書類送検した。

 今年1月、荒川区の少年Bは交際していた彼女C子のことを足立区の少年AにSNS上で批判され立腹。「タイマンしよう」とAに決闘を申し込んだ。事前に「武器は使用しない」「ギブアップするまでやる」「被害届を出さない」などのルールが決められ、翌日荒川の河川敷で30分程の決闘がおこなわれた。

警視庁千住署 ©文藝春秋

 氣志團の綾小路翔はこの決闘事件のニュースを受け、「何だろう。グッと来てしまった」とツイート。「河川敷でタイマン。ガールフレンドの尊厳を取り戻す為の決闘。武器無し、チクリ無し、ギブアップ有り。警官からの逃走。もう曲書けるもんな」とも呟いた。

「週刊文春デジタル」では決闘し書類送検された少年2人に話を聞いた。

 足立区在住のAは、都内の高校に通う高校1年生(事件当時は中学3年)。中学時代はバスケ部で体格は大柄の少年。深夜徘徊、喫煙、飲酒などで補導歴は多数あるという。趣味は「モンスターストライク」「コール オブ デューティ」などの携帯ゲームとアニメ鑑賞。最近はライトノベル「Re:ゼロから始める異世界生活」にハマっている。好きなヤンキー漫画は「今日から俺は!!」「HIGH & LOW」。好きな芸能人は新垣結衣。将来の夢はゲーム関係の職につくこと。

 決闘のきっかけは、日課となっていた何気ないネットサーフィンだった。

©文藝春秋

「SNSを見ていたら中学の同じクラスのC子とドラマ『今日から俺は!!』のシーンを真似たカップル動画(カップルが一緒に映ってイチャイチャしている動画)をアップしている奴がいたんですよ。それがB。C子とはあまり仲が良くなかったから、悪ふざけで『お前なんでC子なんかと付き合ってるの? やめた方がいいよ』とおちょくったコメントをしたんです。

 それにBがめっちゃキレちゃって、Bから『タイマンしよう』とLINEで言ってきた。売られた喧嘩は買うしかないっしょと思って、やるならやってやるよという気持ちで『いいよ』と返事しました。

 流れで『明日タイマン張ろう』となって、時間と場所はBが決めました。『持ち検(凶器を持っていないか持ち物検査)』とか『武器(凶器)は使わない』『顔面を殴るのはあり』『ギブアップするまでやる』『被害届は出さない』とかLINEで送り合って決めたんです。その間はお互い結構冷静でした」

 実はAはタイマン勝負が初めてで、内心は怯え気後れしていたという。だが断れないのには理由があった。