昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【荒川決闘ドキュメント side“B”】元野球少年が告白「彼女をめぐってゴチャマンは避けたかった」

決闘罪で書類送検された2人の16歳《令和ヤンキー伝》#2

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 社会

 警視庁千住署は10月30日、事前に申し合わせて喧嘩をしたとして、決闘と傷害の疑いで足立区と荒川区に住む16歳の少年AとBの2人を書類送検した。

 今年1月、荒川区の少年Bは交際していた彼女C子のことを足立区の少年AにSNS上で批判され立腹。「タイマンしよう」とAに決闘を申し込んだ。事前に「武器は使用しない」「ギブアップするまでやる」「被害届をださない」などのルールが決められ、翌日荒川の河川敷で30分程の決闘がおこなわれた。

©文藝春秋

「週刊文春デジタル」では、決闘し書類送検されたという少年2人に話を聞いた。

 荒川区在住のBは、都内高校に通う高校1年生(事件当時は中学3年)。窪田正孝似のイケメン。中学時代は野球に励み全国大会出場の過去を持つ強肩だった。野球推薦で強豪校からのスカウトもきたが坊主が嫌で断わり今は草野球で活躍。将来の夢は社会人野球でまず活躍すること。好きなゲームはカーレース。好きなヤンキー漫画は「ドロップ」「クローズ」「HIGH & LOW」。

 タイマンのきっかけは今年1月はじめ、BのSNSに書きこまれたAのコメントだった。

©文藝春秋

「昼くらいに彼女のC子と2人で撮った動画をSNSに上げたらその日の夜頃、面識もないAから突然『なんでC子と付き合っているの?』とSNS上で言われました。そこからいろいろ送られてきて、好きだった彼女を侮辱されてかなり腹が立ちました。C子からは『Aはそういうすぐおちょくってくるやつだから』『やめて!』と止められたのですが、怒りは収まりませんでした。AはC子と同じ中学だったので、C子経由でAの周りの友人からLINEを聞き連絡しました」

 クレームを入れたものの、謝らないA。BはAの友人にも相談したものの事態は収まらなかった。