昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

熱愛、イボ取り、離婚歴……テレ朝・玉川徹氏、直撃インタビュー詳報

 11月7日に放送された「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)では“肌の乾燥対策”を特集。司会の羽鳥慎一アナウンサー(48)は、肌の専門家である皮膚科の女医を紹介後、「玉川さん、肌に非常に敏感です」とコメンテーターの玉川徹氏(56)に突然、ツッコミを入れた。

玉川徹氏 ©文藝春秋

 カメラは玉川氏の顔面にズームイン!! 56歳とは思えぬ童顔の肌は、シミもなくツルッツルである。玉川氏が「えー、僕がやっているという感じでもないですけどね」と苦笑すると、羽鳥アナは「そうですね、見ましたよ」とポツリ。玉川氏が「はい、すみません」と渋い顔をしてうつむくと、スタジオは爆笑が巻き起こった。

 玉川氏の肌がツルッツルなのにはワケがある。週刊文春11月7日発売号では、玉川氏が40代の女医Xさんとの交際をスクープ。このXさんは美容外科医で、シミ取りのスペシャリストなのである。

「Xさんは大学病院の附属施設や都内のクリニックを掛け持ちで診療しています。本人もとても綺麗な肌の持ち主で、40代とは思えないほど若く見えます。美人というよりはキュートなタイプ。でも話すことはお医者さんらしく、しっかりとしており、玉川さんに甲斐甲斐しく尽くしています」(Xさんの知人)

 小誌は玉川氏と美容外科の“ドクターX”のアツアツぶりを複数回目撃している。

 10月27日の午後3時過ぎ、玉川氏を助手席に乗せたXさんの愛車の黒いポルシェが、都内湾岸エリアにある玉川氏の自宅マンションの駐車場に入っていった。なお、玉川氏も最近まで銀色のポルシェを乗り回しており、二人は車の趣味もバッチリ合うようだ。

 そして10月30日の昼前、玉川氏のマンションから出たXさんの運転するポルシェが都心を走り抜け、テレビ朝日前のけやき坂に到着。「モーニングショー」の出演を終えた玉川氏をピックアップする。

©文藝春秋
©文藝春秋
©文藝春秋

 玉川氏はバツイチで、Xさんも独身ということもあってか、二人はアツアツぶりを隠そうとはしない。1時間半後、横須賀市の佐島マリーナそばにある海鮮料理の店で、二人は堂々と海を望むテラス席で横に並んで座った。テレビでは見せぬニヤケ顔で玉川氏が何かをしゃべれば、Xさんはウットリした表情で笑顔を見せるのだった。