昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

40代の小学校教師に求婚された17歳少女の告白【パパ活のリアル】

15歳で“パパのおさがり”をもらい、今は“太パパ”を手玉に……

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 社会

《はじめまして~! 報酬のほうなんですけれど、1.5(1万5千円)で大丈夫ですか? お支払いは先か後かどちらがいいですか? 先にいただければお食事の後も追加料金制で別の場所に行けますよ!》

 これは取材班が話を聞いたA子さん(17)が、“パパ”と初めて会う際にネットに書き込む定型文だ。高校生とは思えない落ち着きを見せるA子さんだが、笑顔にはあどけなさが残る。

 若い女性と中年男性が知り合う「パパ活」が、いま一層の広がりを見せている。親のような年齢の男性と食事をするだけで2万円。その後、カラオケに行くなら追加で1万円――そんな行為が、未成年の少女の間でもバイト感覚で行われているのだ。

A子さんのこの日のパパ活は食事のみ。1万5000円プラス交通費 (A子さん提供)

 2016年頃から普及し始めたという「パパ活」は、「金銭的に余裕のある男性が、夢を持つ女性を応援する」というのが建前。援助交際とは違い、肉体関係は必須ではないというが、40~50代の“パパ”に対して“娘”の年齢が未成年であることも珍しくなく、児童買春や強制わいせつなどの性被害に繋がる危険性が指摘されている。

 子供への性被害の対策として、昨年10月以降、愛知県警少年課などが「パパ活」相手を募集する女性のツイッター投稿に警察官が一つ一つ直接返信して警告するという取り組みを行い、全国で2万件の投稿が減少したことが話題となった(毎日新聞11月6日付)。しかし、現実には“パパ”を求める投稿は、ツイッターだけでなく、「パパ活」専用アプリやサイトを中心に活発に続いているのだ。

愛知県警の取り組みは全国に広がっている

 広がりを見せる「パパ活」のリアルな実態を知るため、「週刊文春デジタル」では17歳のA子さんを取材した。