昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「人を見下したような笑いに……」 ヒロイン抜てき、菜々緒が抱える“ある悩み”

「菜々緒さんは画家の役ですが、書道が得意なだけあって絵筆を持つ姿勢が美しく、周囲は惚れ惚れしています」(現場スタッフ)

 福士蒼汰(26)主演の連ドラ「4分間のマリーゴールド」(TBS系)。ヒロイン役の菜々緒(31)が、イメージチェンジを狙っている。

菜々緒

◆◆◆

 原作は、小学館の新人コミック大賞を受賞したキリエ氏の同名漫画。手を重ねた人の“死の運命”が見える救急救命士・花巻みこと役の福士と、菜々緒演じる義姉・沙羅との“禁断の恋”を描くラブストーリーだ。

「第3話の視聴率が7.6%と苦戦中ですが、現場は和やかな雰囲気で撮影中です。福士は、クールな見た目と違い天然キャラで、お墓参りのシーンの撮影の際、いきなり『どんぐりころころ』を歌い始めて周囲は爆笑。菜々緒も一緒に歌い始めるなど、仲が良い」(テレビ誌記者)

 みことの義兄役を務める桐谷健太(39)や、義弟役の横浜流星(23)など、共演陣も多彩だ。

「auのCMでおなじみの桐谷は、元ヤンキーの熱血漢で総合格闘技が好きな役どころ。個人的にもハマッたようでジムに通い続けているそうです。人気沸騰中の横浜流星は料理男子という設定ですが、実は経験がほとんどなく、撮影で出される品をつまみ食いしながら、悪戦苦闘しています」(スポーツ紙記者)

 個性的な俳優陣が、役作りを進める一方で、ヒロインの菜々緒は“ある悩み”を抱えていたという。