昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

“年収1億円弱”スノボ国母和宏の大麻逮捕、何が悪質だったのか

 厚生労働省麻薬取締部、通称マトリがミュージシャン、アイドルの次に標的に選んだのは“お騒がせ”アスリートだった。11月6日、大麻を営利目的で密輸した大麻取締法違反容疑で、冬季五輪に2度出場したプロスノーボード選手、国母和宏容疑者(31)が逮捕された。社会部記者の話。

「捜査は成田空港に米国から不審な国際郵便が届いたところから始まった。中からは大麻製品が発見され、受取人の男の供述から、国母が密輸を持ちかけていた疑いが浮上。結局、国母は出頭し、関与を認めました。ただ、営利目的については否認しています」

 国母は10年のバンクーバー五輪の際、ユニフォームを下にずらした腰パン、サングラス姿で登場。その後の会見での「チッ、うるせえな」「反省してまーす」発言などで世間から大バッシングを受けた。その後、国内では忘れられた存在だったが、スノーボード界では世界有数のアスリートとしての地位を確立していた。

10年、「腰パン」で成田空港を出発する国母 ©共同通信社

「五輪以外の大会では何度も世界一に輝いています。世界中の険しく雪深い山で、崖のような斜面を華麗に滑る姿を収めた映像も大々的に販売されており、2016年には世界最高の評価も得ました。メーカーとのスポンサー契約も10社以上と結んでおり、年収は1億円近いと語っていました」(前出・記者)