昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/11/14

source : 週刊文春デジタル

genre : ビジネス, テクノロジー, 社会, メディア, 国際

アドビの「加工を見破る技術」とは

 結果としてアドビは、デマの発生に一役かっている。しかし、これは彼らの本意でない。彼らはクリエイターのためにツールを作っているが、それは良い作品を作ってもらうことが目的だからだ。

 そこで、同社はこの11月に、2つの技術を発表した。

 ひとつめは「Photoshopで加工された写真を見抜く技術」。写真を読み込むと、写真を構成する「画素」の微細な広がりなどから、その写真が「加工されたものかそうでないか」を一発で見抜く。どこが加工されたかも露わにしてくれる。Adobe Researchと米カリフォルニア大学バークレー校が共同で発表した技術だ。

Photoshopで加工された写真を見抜く「PROJECT ABOUT FACE」。AIを使って写真が加工されたものかを自動判別し、どの辺が加工されているかも示す(下画像)
 

 そしてもうひとつが、より本質的な技術だ。アドビのツールで加工された画像について、「誰が作ったものか」「いつ、どこで撮影されたものなのか」「どのソフトで加工されたものなのか」といった情報を付加し、信頼性を高める技術について、Twitterやニューヨークタイムズとともに開発していくことを公表したのだ。

 写真に付けられたマークをクリックすると、制作者の名前や加工に使われたソフトの名前などが出てくる。今後はこの中に、「どのくらい加工されたものなのか」という指針も加えていく予定だという。

アドビとTwitter、ニューヨークタイムズは、写真が「誰が作り」「どこで撮影され」「どのソフトで加工されたものか」を記録する技術を公開した

なぜニューヨークタイムズがパートナーか

 アドビ法律顧問のダナ・ラオ氏は、「この技術は著作権保護用の暗号に基づくDRM(デジタル著作権管理)技術でも、真実を担保するものでもない」と話す。

 ではどういう技術なのか? それは、Twitterやニューヨークタイムズがパートナーであることからわかる。写真を加工できないように保護するのではなく、写真が掲出された場所に写真の編集に関する情報を同時に出すことで、その写真の来歴を示すことが目的なのだ。

「Twitterには(企業や著名人が使う)本人を示すマークがあるが、あれに近いと思っていただきたい。そこにマークがあれば、その写真や動画は出所がはっきりしたものであるとわかる」とラオ氏は説明する。