昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

駐車場から転落して血だらけ……香港デモで死者 劣勢の中国共産党に秘策はあるか

source : 週刊文春

genre : ニュース, 国際

 デモの本格化から5カ月が経過した香港で、ついに死者が出た。

 香港科技大学コンピューターサイエンス学部の男子学生、周梓楽さん(22)。11月4日未明、住宅街の立体駐車場で、血だらけで倒れている姿が発見された。現場では、直前にデモ隊と警官隊の激しい衝突があり、周さんは警察の催涙弾から逃げようとして3階部分から約4メートル下の2階に転落したとみられる。病院に搬送されたが、4日後に帰らぬ人となった。

 警察は会見で「周さんの発見場所と催涙弾を撃った場所は離れていた」と因果関係を否定。林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官も「心を痛めている」と述べ事態の沈静化に努めたが、周さんの死亡後、数千人の市民が連日現場の駐車場に詰めかけた。9日夜の追悼集会には数万人が集まり「香港人は報復する」と声を上げるなど、市民の怒りが収まる気配はない。

地元メディア「CUPID PRODUCER」の動画より

「取り締まりを強化する以上、犠牲は覚悟していたがあまりにタイミングが悪い。香港政府と共産党指導部には誤算だ」。北京の党関係者はそう漏らす。

 さらに11日には、警官隊がデモ隊に実弾を発砲し、2人が負傷するなど、情勢は激化する一方だ。