昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

“大魔王”卓球・伊藤美誠を倒すべく中国が導入した“ニンジン方式”

 卓球大国・中国が、日本女子のエースへの警戒を強めている。

 11月6日から10日まで東京体育館で開催された卓球W杯団体戦。2020年東京五輪のテストイベントを兼ねたこの大会で、唯一、“中国の壁”を崩しかけたのが伊藤美誠(19)だった。

日本悲願の金メダルは伊藤の双肩に ©共同通信社

 世界ランキング6位までを中国が占める中、伊藤は同7位につけている。対中国戦における勝率も44%と、目下、東京五輪日本代表の個人戦2枠を争う平野美宇(19)の25%、石川佳純(26)の23%を大きく上回る。

 伊藤は「中国人選手はもはや勝てない相手じゃない」と豪語。W杯団体戦でエース対決をした同い年の孫穎莎も先にマッチポイントを握られる場面があり、「伊藤はこれから何度も対戦する相手。実力も能力もあり、彼女から学ぶことはたくさんある」と強さを認めた。

 女子でいま最も勢いのある孫をあと一歩のところまで追い詰めた伊藤の怖さは、予測不能なプレーにある。

 コントロールが難しいスマッシュや、彼女の代名詞にもなっている通称“みまパンチ”と呼ばれる一撃必殺のカウンター、ナックルボールを放つバックハンドなどの技は中国ではあまり見られないため、回転量の多いドライブボールで勝負する中国選手と同タイプの平野や石川らよりも対策が難しい。

 型破りな発想とメンタルの強さも戦術の幅につながっており、中国で支持されるネットメディア「東方網」は「伊藤は中国代表にとって、刀を磨く砥石のような存在」と称賛している。