昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 社会, テレビ・ラジオ

 10月25日に更新された番組公式ツイッターには《明日よる7時の志村どうぶつ園は…動物37匹と暮らす白井さん一家のヤギ脱走&畑を食い荒らす被害が!》と投稿されていた。その放送回では白井家の畑が、ヤギに食い荒らされたという内容だった。

白井家から脱走するヤギ(2019年3月7日撮影)

「ヤギは白井さんの畑を食い荒らしているだけじゃない。私たちの畑にもやってきている。私たちにとっては本当に深刻な問題なんですよ。それなのにテレビではヤギ被害を矮小化し、面白おかしく取り上げられていて……。悔しいやら呆れるやらで。数年前には、畑に馬のヒヅメと大量の糞尿が残っていたこともあって、白井家からは謝罪の手紙も受け取りました。白井さんだって笑い話じゃないってわかっているはずなんだけど、番組には伝えていないんですかね」(同前)

 当時Eさんが受け取ったという手紙には、白井由紀子氏の反省の弁が自筆で綴られている。

《前略、白井と申します。隣の白い家のものです。実は娘が留守の間に馬を放牧場に連れて行く途中、私が転倒してしまい、馬を逃がしてしまいました。自宅に戻って来たもの門が閉まっていて、貴様の大切な耕作されている畑を歩いてしまい、大変なご迷惑をおかけしまして大変申し訳ありませんでした。今後このような事がおこらぬよう最善の注意をはかり二度とご迷惑のかからぬようにいたします。作物の被害の方はどうですか? おわかりになりましたらお知らせいただけたら幸いです。本来でしたら直にお会いして謝罪しなければいけないのですが… どうぞお許しいただけないでしょうか? 本当に申し訳ありませんでした 白井由紀子》

逃走馬についての謝罪

「でもね、そのあともずっと被害は続いているんです。その挙句にテレビでも放送された。反省しているとは思えませんよ」(Eさん)

 秋祭りで迷惑を被ったCさんは「近所の人は皆、気に病んでいます」と訴える。

近所の庭に迷い込んだ脱走ヤギ

「テレビに出るのはいいけど、近隣には気を配ってほしい。こちらは平穏に暮らしたいだけなんです。白井さんと揉めたいとも思っていない。引っ越さない限り、一生付き合っていかなくてはならない人ですから。

 番組には公式ウェブサイトから『白井家の動物の管理が悪すぎる。放送内容も美化し過ぎだ』と何度も抗議のメールを送っているのですが、まったく改善されていません」

 白井家への直撃と、日テレ広報部への事実確認については、「《不適切飼育を告発》「天才!志村どうぶつ園」の白井家 “飼い犬に殺処分危機”“ヤギに落書き”」で詳報している。

 

文春リークス

あなたの目の前で起きた“事件”募集!

この記事の写真(16枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー