昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【内部崩壊する欅坂46】中心メンバー・鈴本美愉がマルタ共和国に留学、帰国後卒業「グループに疲れちゃった」

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能

 人気アイドルグループ欅坂46の鈴本美愉(21)がヨーロッパ・マルタ共和国に留学中で、帰国次第、卒業を発表することが「週刊文春デジタル」の取材でわかった。

欅坂46の活躍を陰で支えてきた“ダンス職人”

 鈴本といえば、2016年に「サイレントマジョリティー」でデビューし、同年「第67回NHK紅白歌合戦」出場を果たした欅坂46の1期生。デビュー当初からフロントメンバーにたびたび抜擢され、センター・平手友梨奈(18)やキャプテン・菅井友香(23)らとともに欅坂46の中枢を担っている。

活動が少なくなっている欅坂46の鈴本美愉

「鈴本は激しいダンスパフォーマンスから“ダンス職人”と呼ばれています。平手が体調不良で歌番組などを欠席した際には、平手の代わりにセンターを務め上げ、欅坂46の活躍を陰で支えてきたのは間違いなく鈴本でした。しかし、この冬にリリース予定の9枚目のシングルではまさかの選抜落ち。最近ではめっきりイベントや音楽番組にも出演していません」(スポーツ紙記者)

 今年、欅坂46が2月に唯一リリースした8thシングル「黒い羊」から握手会を休むことが目立っていた鈴本。5月に行われた同シングルの握手会以降まったく握手会に参加しなくなってしまった。

 直近では11月13日(水)に放送された歌謡特番「ベストヒット歌謡祭2019」(日本テレビ系)も欠席した鈴本。だが、地元・愛知にはタイミングが合えば帰省しているという。幼少期から鈴本と面識があるという近隣の知人には馴染みの安心感からか、こんな話をポロリとこぼしていた。