昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【「週刊文春」記者は見た】家宅捜索3時間前、クラブで踊り明かす沢尻エリカ

 11月16日、警視庁組織犯罪対策5課に麻薬取締法違反の疑いで逮捕された女優・沢尻エリカ(33)。彼女は家宅捜索のわずか3時間前まで、東京・渋谷区にある人気クラブ「W」で仲間たちと上機嫌で踊り明かしていた。

沢尻エリカ ©文藝春秋

「週刊文春」編集部の取材班は、今年夏、沢尻の違法薬物使用に関する情報を入手。逮捕当日、沢尻が「W」を訪れるという情報を得ており、取材班は、深夜12時から店内で取材を進めていた。

「この日、女性イベンターと都内のスケボー施設がコラボした一大イベントが催されたのです。世界的アーティストが海外から呼ばれ、フロアにはハウスミュージックが大音量で流れていた。常連客が集まる3~4階では、さながら身内のパーティのようでした」(クラブ関係者)

背後に控える交際相手のA氏は……

 小誌記者が4階のVIPルームで沢尻の姿を目にしたのは、深夜1時40分のこと。髪の毛をアップにし、ド派手なスパンコールが入った漆黒のワンピースを着こなした沢尻は終始ハイテンションだった。交際相手のファッションデザイナーA氏と合流すると、DJブースの最前列に向かい、慣れた様子でDJと握手。背後に控えるA氏は、妖艶な腰つきで踊る彼女を護衛するかのように周囲に鋭い視線を向けていた。

逮捕直前「W」にいた沢尻エリカ

 その後、沢尻は3階の関係者席に移動し、知人のモデルらと談笑。ふたたび3時過ぎにVIPルームに戻り、ボックスシートで仲間たちとショットグラスを傾けていた。