昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ドタキャン、突然のハイテンション、現場での奇行……沢尻エリカは大麻中毒だった

source : 週刊文春 2012年5月31日号

genre : エンタメ, 芸能, 社会, 映画, テレビ・ラジオ, ライフスタイル, 娯楽

 11月16日、警視庁は女優の沢尻エリカ容疑者(33)を合成麻薬MDMAを所持していたとして麻薬取り締まり法違反の容疑で緊急逮捕した。「週刊文春」では、2012年に沢尻エリカの大麻使用について詳しく報じている。当時の記事(2012年5月31日号)を再編集のうえ、公開する。

(全2回/2回目はこちら)

◆ ◆ ◆

 約5年ぶりにスクリーン復帰を果たし、オールヌードを披露、過激なセックスシーンにも挑戦した沢尻エリカ(26)の意欲作「ヘルタースケルター」(7月14日公開予定)。

 だが、封切りを2カ月後に控えた5月15日、彼女は「体調不良」を理由に突如、休業状態に入った。

映画「ヘルタースケルター」の制作会見に出席した主演の沢尻エリカ ©時事通信社

 その沢尻本人と最近、電話で話したという母・リラさんは心配を隠せない。

「うつ病? そうですね。でも、ここまでの状態は初めて。詳しいことは言えないけど、エリカとは今は一緒に住んでいないし、もう1カ月以上会えてないから。でも先日、1度だけあの子から電話があったんです。体調が悪そうで、でも無理して電話をかけてくれたんだと思う。私の誕生日だったから……。『元気なの? どうしてるの?』って聞いたら『元気だよ』って。でも、元気じゃないのは間違いない。あの子、白分の弱みは親にだって絶対見せないんです」

 親の直感は鋭い。この休業の裏には、どす黒い芸能界の“闇”が渦巻いている。母がこう嘆くように、実は沢尻の“病状”は予想以上に深刻なのだ。だが、事実はごく一部の人間にしか知られていないため、今回の騒動を「話題づくりの茶番」だと捉える向きもある。

 小誌は今回、この闇に迫る決定的証拠を掴んだ。

沢尻が脱ぐ条件でGOサインが出た「ヘルタースケルター」

 長らく女優活動から遠ざかっていた沢尻にとって、「ヘルタースケルター」は約5年ぶりの映画主演復帰作になる。

 原作は岡崎京子の同名漫画。全身整形で美貌を手に入れた主人公がトップスターに登りつめながらも、徐々に崩壊していく様を描いた衝撃作。アブノーマルなセックスや薬物依存による精神錯乱などの過激な描写が、映画でどう再現されるかが話題を呼んだ。

「蜷川実花監督が7年前から沢尻にラブコールを送り、原作を読んで感動した沢尻も『やりたい』と言い続けてきた企画。映画の資金集めに時間がかかったが、沢尻が脱ぐという条件付きでゴーサインが出た。沢尻は過激な性描写にも果敢に挑戦しています」(芸能関係者)