昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

入居者から長く愛される賃貸住宅は何が違うのか?

三井ホーム「デザインメゾン」が年月を増すごとに風格を増す理由

PR

相続対策の手段として賃貸住宅経営が注目を集めている。とはいえ、入居者から愛される物件でなければ次世代にとって負の遺産にもなりかねない。三井ホームはグループの総合力で、「選ばれる賃貸住宅経営」をサポートしてくれる。

年月を重ねるごとに魅力高まる「経年優化」

 賃貸住宅に付きものの空室リスクや家賃の下落リスクを避けるためには、物件そのものの性能を高め、同じ入居者に長く暮らしてもらうことが肝心だ。特に断熱性や耐震性、遮音性は住んでみて初めて実感できるもの。実家やこれまでの住まいと比べて明らかに劣っていれば、退去してしまう可能性もある。

 そんな中、三井ホームの賃貸住宅『デザインメゾン』は、木造住宅ならではの心地よさやぬくもりを実現しつつ、断熱性や耐震性、遮音性に優れた物件として多くの入居者から選ばれ続けている。同社が独自に開発したプレミアム・モノコック構法により、木造建築でありながら鉄骨造りの住宅を上回る耐久性と耐震性を確保。その丈夫さは自然界では起こり得ないほどの頻度で繰り返す地震を想定した実証実験に耐え抜いた。サッシには断熱性の高いサッシを標準装備し、屋根にも耐熱性能と高い構造耐力を両立させたオリジナルの部材を採用する。床には独自仕様の『Mute(ミュート)50』を使用。衝撃音を一般的な鉄骨住宅と比較して約3分の1に軽減する遮音性能で、入居者の上下階の騒音ストレスを大幅に軽減する。

 年数を経るごとに見た目が劣化していくと懸念するかもしれないが、その心配もない。『デザインメゾン』では、賃貸住宅としての資産価値を長期的に維持するため、年月を経るごとに風格を増す「経年優化」を追求する。

都内の高級住宅地に位置する築50年の物件が、三井ホームの手によって地域に溶け込む高級デザインの賃貸住宅に生まれ変わった
都内の高級住宅地に位置する築50年の物件が、三井ホームの手によって地域に溶け込む高級デザインの賃貸住宅に生まれ変わった

 空き家になった築50年の物件も三井ホームの手にかかれば耐震性に優れた高級デザインの賃貸住宅に生まれ変わる(上写真)。三井不動産グループの一員として、豊富な建築実績と情報を基に、その地域の特性にふさわしいプランを提案してくれるコンサルティング力に優れている点も安心だ。家族が集まる年末年始は将来について皆で話し合う絶好のタイミング。相続対策の選択肢として三井ホームの賃貸住宅経営も検討してほしい。

お問い合わせ

三井ホーム
9:00~18:00 定休日/水曜・日曜・祝日(一部エリアは土曜・日曜・祝日)
https://www.mitsuihome.co.jp/property/

出典元

「桜を見る会」<飲食>受注業者は昭恵夫人の親友だった

2019年12月12日号

2019年12月5日 発売

定価440円(税込)