昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

紅白出場歌手“サプライズ”はあるか? 本命は米津玄師、対抗スピッツ、大穴はあの“大物”

 11月14日に発表された第70回NHK紅白歌合戦の出場歌手。初出場はKis-My-Ft2(キスマイ)、日向坂46、菅田将暉(26)ら8組だった。

「ジャニーズ勢がキスマイ含め5組、AKB・坂道グループが日向坂含め4組と、新鮮味の薄い人選。美空ひばりがAIで復活とも発表されたが、すでに9月の『NHKスペシャル』で披露されたものでインパクトは弱い。ラグビーW杯(日本対南ア戦)の41.6%を抜いて年間視聴率トップを獲れるか、このままでは不安視されます」(放送記者)

 加藤英明チーフプロデューサー(CP)も会見で「これから1カ月半あるので、あらゆる可能性を探っていきたい」と、今後のサプライズに含みを残した発言。

「一昨年は引退する安室奈美恵(42)が特別枠で出演。昨年も桑田佳祐(63)が“平成の大トリ”として盛り上げた。今年は令和初の紅白であり、70回目の区切りでもある。サプライズは必須です」(同前)

 そこで注目されるのが、発表済みの出場者が昨年より7組少なく、しかも白組(20組)が紅組(21組)より1組少ない点だ。

「昨年初出場し、今年の音楽界で1人勝ちだった米津玄師(28)のために残している“米津枠”もあるといわれています。加藤CPも『皆さんの期待が高まれば出演交渉させていただくこともある』と発言しているし、すでに水面下で接触中との話も。今年ヒットした『馬と鹿』はラグビーがテーマの連ドラ『ノーサイド・ゲーム』(TBS)の主題歌。W杯で沸いた年を象徴する曲として、これに優るものはない」(芸能デスク)

米津玄師(『馬と鹿』MVより)