昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

中国への急接近、北ミサイル、北方領土カード……混乱の日米韓にプーチンが仕掛ける“炎上外交”

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 社会, 国際, 政治

 日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の延長をめぐって、大きく揺らいだ東アジアにおける日米韓の安全保障の枠組み。そんな情勢を虎視眈々と見つめているのが、北の大国・ロシアだ。

 ロシアという国家について、「世の中が乱れだすと、途端にロシアという国は輝きを放つ」と語るのは、軍事評論家で、東京大学先端科学技術研究センター特任助教の小泉悠氏だ。今年、『「帝国」ロシアの地政学』(東京堂出版)でサントリー学芸賞を受賞した気鋭のロシア専門家だ。

プーチン大統領は東アジアをどう見ているのか ©AFLO

 日本と韓国が緊張関係にある現状を、ロシアはどうみているのだろうか。

「もちろん、メリットが大きい。ロシアは秩序ではなく乱世の国なんです。例えば、この7月にも、ロシア軍機が竹島の近くを通りましたが、日本と韓国が徴用工問題やGSOMIAの延長を巡って揉めている真っ最中だったのが象徴的です」(小泉氏)

 ロシア軍機を飛ばした成果はすぐに現れた。ロシア軍機に対して韓国空軍が360発あまりの実弾を警告射撃する事態となり、日本政府はロシア以外にも、韓国に外交ルートを通じて抗議することになった。それこそが狙いだったのだ。

小泉悠氏 ©文藝春秋

「経済力で劣るロシアは、平時の体力が弱い。世の中が平和だと、ロシアという国はあまり目立たない。ロシアにしてみると、普通に『いい国ですね』と言われて好かれても埋没してしまう。他方、怖がられることで、その存在感は上げられるわけです。

 ある意味で“炎上マーケティング”、炎上型ユーチューバーみたいなものです。忘れられているよりはずっとマシ。人目に触れて存在感さえ高まっていれば、その注目度は何かしらの価値に変換できる――という考え方がある。アメリカなど西側の国は、『秩序』から恩恵を受ける側なので、秩序を維持しようと介入をする。ところがロシアは、秩序を維持しても別に儲からない。だから、軍事介入にしても、秩序に関心がないので、混乱の中から何かロシアにとって役に立つものを掠め取るための介入なんです」(同前)