昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「志村どうぶつ園」白井家の“チャリティー錬金術”「写真撮影1回15万円」「馬蹄鉄1個1万円」

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 社会, テレビ・ラジオ

 園長役の志村けん(69)と、飼育係役の嵐・相葉雅紀(36)が司会を務める「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系)の準レギュラーコーナー「白井家」。子どもたちから〝神〟と呼ばれる母親の白井由紀子氏が中心となり、長男・鴻明氏と次男・迅氏のイケメン大学生兄弟らが37匹の動物の飼育に悪戦苦闘する様子が人気を博している。しかし既報の通り、白井家は“不適切飼育”や“近隣トラブル”の問題を抱えている。

「11月16日、『週刊文春デジタル』報道後も予定通り『志村どうぶつ園』は放送され、白井家も登場しました。白井家には新たな仲間としてカメレオン3匹と犬1匹が増えていた。増え続ける動物の餌代を抑えるために、魚釣りに出かけたり、畑を耕して野菜を作ったり、スーパーの特売に向かうなど白井家の節約術も紹介されています。しかし、いつもなら画面の左上にスタジオの出演者の様子が映し出される“ワイプ”が一切ありませんでした。問題視されている白井家とタレントを絡ませないようにという、制作側の配慮のようです」(日本テレビ関係者)

白井家の面々(2019年2月26日白井家ツイッターより)

 実は、白井家の抱える問題は既報のものだけではなかった。今回新たな証言と物証によって、“チャリティー詐欺疑惑”や“ボランティア搾取”の実態が浮かび上がってきたのだ。

白井家の馬の蹄鉄を1万円に値上げした

 白井家の関係者Aさんは「テレビ出演後、白井家ではチャリティー活動に力をいれるようになった」と語る。

「白井家で主に仕事をしているのは英会話教室を経営している由紀子さんだけなので、彼女の収入だけで約40匹もの動物を飼育することはできません。だから動物のために、チャリティー活動で飼育費用を集めているんです」

 白井家が行っているチャリティー活動は主に3つ。「馬の使用済み蹄鉄販売」「動物のお世話体験会」「馬との撮影会」だ。

「特に大きな収入源になっているのが蹄鉄販売です。由紀子さんや鴻明くんがSNSで“馬の蹄鉄は昔から幸運を引き寄せる”といって、白井家の馬の使用済み蹄鉄に鴻明くんがスプレーでペイントを施して販売している。当初は3000円で販売していましたが、今年の春くらいからラッピングをしたりお礼の手紙を添えたりするうちに、どんどん売れ出した。それで蹄鉄を1万円に値上げしました」(同前)

スプレーでペイント作業中の蹄鉄