昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

公衆トイレに連れ込まれ、撮られた胸の写真をSNSに…それでも「パパ活依存症」になった未成年少女の後悔

手足拘束、監禁、盗撮。そして「媚び」から抜け出せなくなった

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 社会

「たった14歳で睡眠薬を飲まされたり、公衆トイレで犯されそうになったりしたのが私のパパ活です。『髪を焼かせてくれないか』と言われたこともありました。パパ活は確かに簡単にお小遣いをもらえるけど、今振り返れば『なんであんなことしてたんだろう』と後悔しています」

 そう話すB子さんは、11月10日に文春オンラインで公開した「40代の小学校教師に求婚された17歳少女の告白【パパ活のリアル】」を読み、編集部に連絡をくれた1人だ。記事では、「一番手っ取り早い」という理由で4人の“パパ”からお金を受け取る高校生のA子さんのパパ活事情を紹介していた。

「あの記事を読んで、正直少しイラついてしまいました。記事に登場するA子さんは、すごく運がいい人だと思います。でも実際は、上手いことやれている子ばかりではないと思う。私の実体験をお話しすることで、パパ活をする子が少しでも減ってくれればいいなと思い、ご連絡しました」

「パパ活」は未成年にも広がって社会問題に(写真はイメージ。本文とは無関係) ©iStock.com

人通りが多くて安心していたが

 B子さんは九州在住。「ちょっと複雑な家庭で育ったので逃げたくなった」という理由で家出をして、14歳の夏から約半年間、東京でパパ活をしていた現在17歳の女性だ。家出していた当時から大人びて見られることが多く、男性に実年齢がバレたことはなかったという。

 B子さんがまず打ち明けてくれた実体験は、池袋の街での出来事だった。

「Twitterを通して知り合い、池袋のビックカメラで待ち合わせて会った男性は、30代前半でコンビニ経営をしている人でした。その日は、遅い昼ごはんを食べた後、男性が『疲れただろうし公園で休もう』というので一緒に公園に行ったんです。それで、少し化粧直しをしようと思って公衆トイレの鏡の前に立っていたら、いきなりその男性が後ろから現れて、個室に連れ込まれてしまいました。池袋の夕方から夜にかけてって、結構人通り多いんですよね。私も油断していたのかもしれないです。でもすぐ近くに人がいるのにそんなのお構いなしでした」

「君がパパ活なんてしてるのが悪いんだよ」

「外でこういうことするために(パパ活)してるんでしょ?」

 そう言いながら、男性は身体を触ってきたという。

14歳のときパパ活をしていたB子さん

「その男性と性行為する気なんて全くなかったし、必死に抵抗しました。すると、お腹を殴られて……。私が吐きそうなのを堪えていたら、服をずり下げられた。このままでは犯されると思い、相手の脚の間を蹴り上げてなんとか逃げました。それでも、男性は『逃げるのか!』と怒鳴りながら追いかけてきて、すごく怖かった」

 しかし、この男性との関係は、これで終わらなかった。