昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《新潟女性刺殺》ジュノンボーイは予選落ち、ホストは戦力外…「人狼業界イチのイケメン」のリアル生活

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 社会

 11月15日、新潟駅前の繁華街で飲食店店員の石澤結月さん(20)が刃物で刺されて死亡した事件で、新潟県警に殺人の疑いで逮捕されたのは石澤さんの元交際相手である齋藤涼介容疑者(25・職業不詳)だった。石澤さんとオンラインゲーム「人狼殺」で親交を深めていた齋藤容疑者は「人狼業界イチのイケメン」と自称していたが、かつてはモデルを志してジュノンボーイに応募した経歴や、ホストクラブで働いていた過去が「週刊文春デジタル」の取材でわかった。

齋藤容疑者のブログより
2人がよくプレイしていたオンライン人狼ゲーム「人狼殺」の画面

 齋藤容疑者が応募したのは、2016年に行われた「第29回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」。応募者1万4千人超のうちの1人だったが、齋藤容疑者は1次審査で落選したという。

「たしかに齋藤容疑者が応募していた記録は確認できました。ですが、最初の5百人に絞る携帯サイトによる投票、書類選考の段階で落選しています」(ジュノン編集部担当者)

新潟県警が公開した殺人容疑で指名手配されている齋藤涼介容疑者の写真。11月15日、新潟駅の北側付近で撮影されたもの ©時事通信社

 当時、グランプリに輝いたのは「仮面ライダージオウ」(テレビ朝日系)で、仮面ライダーゲイツ役を演じた押田岳(22)、準グランプリは「仮面ライダーゼロワン」(同前)で仮面ライダーバルカン役を演じた岡田龍太郎(25)だった。