昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《キスマイ紅白初出場の舞台ウラ》なぜ6年連続出場のSexy Zoneは落選してしまったのか?

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能, 音楽

 11月14日、大晦日に放送される「第70回NHK紅白歌合戦」(NHK)の出場アーティストが発表された。今年、ジャニーズからは、嵐、関ジャニ∞、Hey! Say! JUMP、King & Princeの4組に加え、デビュー9年目を迎えるKis-My-Ft2(キスマイ)が初出場を決めた。

Kis-My-Ft2「Edge of Days」ジャケット

セクゾにあってキスマイになかったもの

「ファンからは『9年目にして、やっと念願の紅白に出られてよかった!』などの声が多く上がっていました。後輩であるSexy ZoneやKing & Princeが紅白に出場する中、キスマイは毎年落選していた。CDの売り上げは基本的に20万枚以上の高水準で、ドームツアーなども頻繁に行っている。しかし、それでも出場出来ないという理由はなんなのか、と疑問を抱くファンが大勢いました。キスマイのメンバーにとっても長い道のりだったでしょう」(音楽業界関係者)

 一方、2013年以降、6年連続で紅白に出演してきたSexy Zone(セクゾ)は落選した。

2018年紅白歌合戦リハーサルに参加したSexy Zoneメンバー ©文藝春秋

「去年の11月に、体調不良で活動休止中の松島聡くん(21)は未だ復帰の予定もない。その影響もあるかもしれませんが、なにより人気に翳りが見えるのも事実。セクゾのCD売り上げは未だ10万台、ライブではドームは埋められないためアリーナツアーが多い。普段の活動を比べると、キスマイの方が人気があるのは明らかで、逆にセクゾが去年まで紅白に出場できていたのは奇跡的でした。出場を逃したことを悔やむファン、通称“セクガル”はTwitterで《#僕たちはこれから咲くんだ》というタグをつけ、今後の活動への応援メッセージを投稿しています」(同前)

下積み時代が長かったKis-My-Ft2

 Kis-My-Ft2は、藤ヶ谷太輔(32)、玉森裕太(29)、北山宏光(34)、宮田俊哉(31)、千賀健永(28)、横尾渉(33)、二階堂高嗣(29)の7人組で、2011年8月にシングル曲「Everybody Go」でデビューしている。

2011年、Kis-My-Ft2のデビュー曲「Everybody Go」ジャケット

「キスマイといえば、伝説のグループ『光GENJI』以来のローラースケートでのパフォーマンスが注目を集めた。ローラースケートが出来る人を集めて結成されたグループとも言われています。しかし、結成自体は2005年にしていて、デビューまでに約6年もかかっている。下積み時代がとにかく長く、年齢では後輩のHey! Say! JUMPにデビューは先を越されています」(芸能事務所関係者)