昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能, 音楽

 Sexy Zoneもほぼ同時期の2011年11月、シングル曲「Sexy Zone」でデビューしている。

キスマイデビューの3カ月後、Sexy Zoneのデビュー曲「Sexy Zone」ジャケット

「中島健人(25)、佐藤勝利(しょうり・23)、菊池風磨(24)、マリウス葉(よう・19)、それに松島聡の5人でデビュー。メンバーは事務所に入所からわずか1年、長くても3年ほどでデビューしている。いわば、まさにジャニーズアイドルの”サラブレッド”でした。紅白6年連続のほか、2018年には『24時間テレビ』のメインパーソナリティーを務めるなど、目覚ましい活躍を続けてきたのです。

2019年紅白歌合戦リハーサルに参加したSexy Zoneメンバー ©文藝春秋

セクゾはとにかくジャニーさんの”スペオキ”だった

 しかし、実際の人気にはなかなか繋がらなかった。事務所もセクゾを売り出そうと各テレビ局に『セクゾをお願いします』と売り込んでいましたが、テレビ局も数字に結びつかないため、敬遠しがちでした。2018年、『シンデレラガール』でキンプリがCDデビューした後は、事務所もセクゾよりキンプリを売り出すことに力を入れているようでした」(同前)

 ほぼ同時期デビューの2組だが、なぜSexy Zoneは6年も紅白に出演し続け、Kis-My-Ft2は1度も出演がなかったのか。