昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

元KARA ク・ハラ死亡 5月の自殺未遂で見えていた「韓国芸能界の闇」と「死の兆候」

2019/11/24

 韓国のアイドルグループ「KARA」の元メンバー、ク・ハラが、11月24日、ソウル市内の自宅で死亡した状態で発見されたことが分かった。韓国の警察当局が自殺の可能性も含めて詳しい状況を調べている。28歳だった。

 ク・ハラは、今年5月にも自殺を図り、自宅で意識を失っている状態で発見された。その後、6月に芸能事務所「プロダクション尾木」に所属し、日本でソロ活動をスタート。「今は早く皆さんの前で良いパフォーマンスをしたいという気持ちです」と前向きなコメントを寄せていた。9月には日本ソロデビューシングルを発表。今月14~19日は日本ツアーを行った。

 ク・ハラは死亡前日の23日に公式インスタグラムを更新。ベッドに横たわる写真とともに、韓国語で「おやすみなさい」とつづっていた。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

잘자

구하라(@koohara__)がシェアした投稿 -


 10月14日、韓国の女性アイドルグループ「f(x)」の元メンバー・ソルリが自殺した際にク・ハラは、インスタライブで「あなたの分まで頑張って生きる」と涙ながらに語っていた。

 韓国芸能界で相次ぐ若きタレントの死。そこにはどのような“病理”が潜んでいるのだろうか。ク・ハラが5月に自殺未遂した当時の記事を再公開する。(2019/6/7公開)

亡くなったク・ハラ ©AFLO

◆◆◆

 5月26日、アイドルグループ「KARA」の元メンバー、ク・ハラが意識不明の状態でソウル市内の自宅で発見された。その前日、自身のインスタグラムにはこんな文字が書き込まれていた。

「大変なのに大変じゃないふり、つらいのにつらくないふり。そうやって生きて来たら、表面は大丈夫そうに見えるのに、中はぼろぼろに壊れている」(ク・ハラのインスタグラムより、現在は削除されている)

元「KARA」のク・ハラ ©Getty Images

 この書き込みを見たファンの間では、不穏な憶測が飛んだという。昨年からク・ハラにはさまざまなことがふりかかっていた。