昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「やって!!」認知症の母と毎日喧嘩……の末に起きてしまった“介護あるある”とは

何でも自分でやっていたお母さんはどこへ?

source : 提携メディア

genre : ライフ, 医療, 社会, 働き方, ライフスタイル, 人生相談

今度は母の介護に苦戦…主婦VS主婦の家事バトル!

 

漫画・日野あかね

腰痛から「寝たきり一歩手前」に

 卵巣がんなどの大病を患っても、これまで不死鳥のごとく復活してきた母さん。私とともに、父さんの在宅介護を頑張ってきました。ところが、今年の夏のちょっと前から体調を崩し、自身も介護が必要なほど弱ってしまったのは、このコラムでお伝えしてきた通りです。

 最初は腰を痛めて寝込んでいたのですが、それで行動量がグッと減り、食欲も一気になくなって体重が激減。腰の状態は良くなってきているはずなのに、栄養失調で内臓にダメージが出てしまい、「常にフラフラする」と、寝てばかりいるようになりました。

 高齢者が骨折すると、動かなくなって筋力が衰えて、骨折が治っても寝たきりになってしまうケースがよくあるようですが、まさにその一歩手前の状態。もしかすると、介護老人保健施設(老健)で「ぬりえ」という生きがい(?)を見つけて、いきいきしている父さんよりも、ここ最近は母さんの方がよっぽど弱々しいかも!?という状況だったのです。

洗濯物の干し方でケンカ

 私は大雑把で、何に関しても「終わりよければすべてよし」。でも母さんは、豪快そうに見えて、実は過程を重視し、細かいことを気にするタイプです。特に家事に関しては、いろいろなこだわりを持っています(母さんが姑(しゅうとめ)だったら大変だ!)。

 東北生まれなのに、関西のおばちゃんキャラ(←あくまで私のイメージ)のため、体は動かなくても、口はよく回る。「体調が悪いから、杏里やって!」と、家事をガンガン頼んできます。

 ところが、洗濯物の干し方ひとつとっても、私は「乾いて畳めば一緒でしょ!」といった感じですが、母さんは、洗濯ハンガーがちょっと傾いているのも気になるのです。「常に水平になるように、洗濯物のバランスをとって干さなきゃダメ」など、とにかく指示が細かい。

 そして、お互い思ったことはすぐ口にしてしまう母娘という距離感ゆえ、タブーだとわかっちゃいるのですが、つい「じゃあ、自分でやれば!」という言葉が出てしまいます。すると母さんは「自分でできないから頼んでいるんでしょ!」となり、ケンカに発展するのです。