昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

中国軍“ハニートラップ”の実態! 上海で「かぐや姫」に溺れた海上自衛隊1等海曹の末路

マッサージ師として潜入しているケースも……

source : 提携メディア

genre : ニュース, 国際

上海で「かぐや姫」に溺れた海自1等海曹の末路

スパイ活動は、中国軍の活動や戦略を支える伝統的な手法だ。特に目立つのが、女性が色仕掛けで誘惑する「ハニートラップ」。もちろん日本の男性も標的になる。朝日新聞国際報道部の峯村健司記者が取材した——。(第1回/全2回)

※本稿は、峯村健司『潜入中国 厳戒現場に迫った特派員の2000日』(朝日新書)の一部を再編集したものです。

写真=Imaginechina/時事通信フォト 建国70周年を記念し、グランドライトショーが行われた上海=2019年10月6日 - 写真=Imaginechina/時事通信フォト

元米陸軍将校(59)が中国人女性(27)と交際

中国軍によるサイバー空間や宇宙開発など先進分野への進出が目立つ一方で、中国軍の活動や戦略を支える伝統的な手法が、スパイ活動だ。

担うのは、総参謀部(現・連合参謀部)第2部(総参2部)。内外でうごめく数万人と言われる諜報員を束ねている。

多くの日本人が観光で訪れる米ハワイ。地元の連邦地検は2013年3月、元米陸軍将校の男(59)を国防機密漏洩などの罪で逮捕、刑事訴追したと発表した。交際していた中国人女性(27)に米軍の戦略核の配備計画や弾道ミサイルの探知能力、太平洋地域の早期警戒レーダーの配備計画などの軍事機密を漏らしたとされる。

この男は軍歴30年に及ぶベテラン。米太平洋軍司令部に勤務しており、最高機密にも触れることができた人物である。検察によると、2012年に退役して、米軍が契約する防衛関連企業で働いていた。彼は11年5月にハワイで開かれた軍事関係の国際会議で、大学院生として参加していたこの中国人女性と知り合って、翌月には交際が始まったという。

「女性の研究を手助けしようと思った」

自宅からは、米軍の対中戦略や米韓合同演習に関する機密文書などが見つかっており、これらの文書を電子メールで女性に送っていたようだ。調べに対し、機密文書を自宅に持ち帰ったことについて、

「女性の研究を手助けしようと、自分で勉強する目的で家に持ち帰った。女性が中国当局とつながっていたことは知らなかった」

と供述しているという。

この中国人女性は、研究員や研修生向けの「交流訪問者ビザ」で米国に入国し、米国内の大学に在籍していたが、詳しい身元やその後の行方はわかっていない。