昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

菊池桃子51歳で再婚 夫はゴミ屋敷に住んでいた“片付けられない男”

「妻は私と一緒に生活したいと言ってくれました。とてもハッピーです」こうノロけてみせたのは、女優の菊池桃子(51)と結婚した経産省経済産業政策局の新原浩朗(ひろあき)局長(60)だ。新婚ホヤホヤだが、まだ別居中の2人。しかし、新原氏の近隣住民からは、「どこに住むんだろう……」と心配の声が上がっているのだ。

◆ ◆ ◆

 菊池と新原氏が知り合ったのは、2015年に始まった政府の「一億総活躍国民会議」だった。

「事務方を務めていた新原氏が、民間委員に選ばれた菊池氏をエスコートする様子が度々報じられていますが、あれは内閣府の中で不評を買っていました。というのも、新原氏は他の委員へのレクは周囲に任せていたのに、菊池氏へのレクは絶対譲らなかった。その“職権乱用”が結婚につながったと“告発”する声が上がっています」(内閣府官僚)

夫は「明るく前向きな人」とベタぼめ

 結婚報道後は、新原氏が「将軍さま」と呼ばれているなど、パワハラ疑惑も報じられているが、当の菊池は、9日に自身がパーソナリティを務めるラジオ番組で、「優しい人です」と夫をフォローしてみせた。

 だが新原氏には、パワハラ以外にも不安材料があるという。