昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

元KARAク・ハラを追い込んだSNSアプリの「流出デマ」画像

2019/11/26

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 社会, 国際, 芸能

「歌手ク・ハラ、自宅で遺体発見」――。

 ソウル・江南警察署が最初に発表したのは、11月24日夜。現地メディアは大きな衝撃とともに、その早すぎる死を一斉に繰り返し報じた。

死亡が確認された元KARAのク・ハラ ©AFLO

 ク・ハラは今年1月末に韓国の所属事務所CONTENT Yとの契約が満了した後、6月に日本のプロダクション尾木との契約を発表。11月13日には日本で初のソロシングル「Midnight Queen」を発売し、翌14日から同月19日まで東京~福岡計4カ所を回るコンサートツアーを開催した矢先のことだった。

 いったいその心中に何があったのか。ク・ハラは2016年1月にKARAが事実上の解散を迎えた後も、韓国の所属事務所を替えながらコンスタントに芸能活動を続けていた。だが2018年9月13日、当時の交際相手でヘアデザイナーのチェ・ジョンボムが「ク・ハラに暴行された」と通報したというスキャンダルが持ち上がる。一方のク・ハラも同月27日、チェ・ジョンボムを強要、脅迫、性暴力処罰法違反などの疑いで告訴。その過程で浮上したのが、リベンジポルノ問題だ。

KARA時代のク・ハラ(右端) ©AFLO