昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

被害LINE入手 女性部下が伊藤忠幹部のセクハラを告発

 2020年3月期の中間決算で3年連続の過去最高益を達成した伊藤忠商事で、今年に入って深刻なセクハラ事件が起きていたことが「週刊文春」の取材で分かった。

 伊藤忠関係者がセクハラ事件の経緯を明かす。

「“被害者”のB子さんは女優の新垣結衣似のアラサー美女。彼女は40代後半の財務部の資金・投資管理担当室長だったA氏からセクハラを受けていました。A氏は、小太り、色黒でオールバックという派手なタイプで既婚者です。今年5月、彼女は法務部のコンプライアンス室にA氏の行状を告発。しかし調査が行なわれた形跡はなく、結局、彼女は退職に追い込まれてしまいました」

©共同通信社

 B子さんは伊藤忠商事の100%子会社の社員で、2016年から本社に出向。出向後、B子さんはA氏がリーダーの社内サークルに参加。すると頻繁にLINEが届くようになった。

〈理性ふっ飛んでむぎゅーーってしたくなったぜ〉

〈やばい、さっきほっぺた触りそうになった〉

〈なんか間近で喋るの久々で、思わずハグりたくなるねえ〉

 そして今年1月、社内サークルの草津温泉旅行で事件が起きる。B子さんが語る。

「サークルで旅行計画を立てていたところ、他のメンバーが全員ドタキャン。結局A氏と2人で行くことになってしまった。しかも一部屋しか予約されていなかったのです。仕方なく隣で寝ていると、A氏が私に覆いかぶさり、キスをされ、胸を触ってきた。何とか払いのけると、次にA氏は『下半身を触れ』と要求してきました。私は断固拒否し、部屋の隅で一夜を明かしました」

A氏とB子さんの婚約者との間で交わされたLINE

 5月にB子さんは、LINEの内容や草津旅行での言動を本社に報告したが、現在に至るまで何の連絡もないという。

 事実確認のため、A氏の携帯電話を複数回鳴らしたが、一度も繋がることはなかった。

 伊藤忠の広報部は、「会社としては適切に対応しております。個人情報の観点より、当社からの回答は控えさせていただきます」と答えた。

岡藤正広会長 ©共同通信社

 伊藤忠が推進する「働き方改革」では、朝型勤務などと並んで「女性社員の活躍支援」「ハラスメントのない職場環境づくり」を掲げており、今後の対応が注目される。

 11月28日発売の「週刊文春」では、A氏がB子さんに送ったセクハラLINEの内容を公開する。またB子さんの訴えに対し、伊藤忠、および子会社がどう反応したのかについても詳報している。

この記事の全文は下記サイトで購読できます
Yahoo!ニュース

文春リークス

あなたの目の前で起きた“事件”募集!

出典元

「元優等生」誘拐犯<伊藤仁士> 少女たちとの異様な共同生活

2019年12月5日号

2019年11月28日 発売

定価440円(税込)

この記事の写真(3枚)

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー